大阪府高校入試にTOEFL・英検・IELTSを活用

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

こんにちは、代表の市本です。

大阪府教育委員会が20日、府立高校の2017年春の入試から、TOEFL(トーフル)、英検、IELTS(アイエルツ)の成績を英語の入試得点に反映させることを決めました。

現在の小学6年生が高校生になる、2017年度入試から適用されます!

日本の英語教育も、だんだん正しい方向に向いてきました。

使える英語をしっかり学んだお子さまが、入試でも正しく評価されることは、本当に良いことです。

10月13日、2013年度第2回目の英語検定が実施されます。

英語塾ABCにも、小1で英検準2級、中2で英検1級合格を目指している生徒さんがおります。

試験日まで1ヶ月もありませんが、高い目標を掲げ、勉強する姿は、本当に刺激的です。

 

▼ 大阪府(大阪府立高等学校入学者選抜における英語資格(外部検定)の活用について)
http://www.pref.osaka.jp/kotogakko/eigo_shikaku/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です