教育改革、スタートだよ!

教育改革、スタートだよ。

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

やあ、英語塾 ABC のカリキュラム担当 ジョージだ。

 

今日は、この記事の最後で『世界標準の英語力が身につく、常識に捉われない英語トレーニング理念』を大公開するよ!

 

僕たちのトレーニング法は、3つの理念に基づいている。

 

少しでも多くのご家庭に、この理念を取り入れてもらえると嬉しい。

 

さて、いきなりだが

 

2013年1月8日は何の日クイズ〜。

 

チックタック、チックタック、ボーン ボーン。

 

はい、タイムリミットね。

 

答えは、

2013年1月8日は、日本の教育 大 改革が始まった記念すべき日。

 

 

教育再生実行本部が立ち上げられた日。

 

 

だから、どうした? 的な声が聞こえてきたね。

 

だけどね、前の記事『大人の選択が子どもの将来を変える』でも取り上げたけど、僕たち教育業界に携わる者にとっては重要な日なんだ。

 

そして小学生の子を持つ親にとってもね。

 

だから、しっかり頭に刻んでほしい。

 

ご唱和ください。

 

 

2013年1月8日は、教育再生実行本部が立ち上げられた日!

 

 

Thank you,

 

Thank you,

 

Thaaaaaaaaank you!

 

 

教育再生は最重要課題

 

今回の安倍政権において、

 

 

「教育再生」は最重要課題。

 

 

子は国の宝だ。

 

その宝である子どもたちに、

 

 

世界最高の教育を提供したい。

 

 

世界最高の頭脳集団、世界最高のチームを作り、これからの日本を牽引していく力となってもらいたい。

 

 

だから僕らは、国の教育改革を、心から応援したい。

 

 

大きく変わる、英語教育

 

前の記事『大人の選択が子どもの将来を変える』でもお伝えしたが、

 

 

日本の英語教育は大きく変わる。

 

 

僕たち大人が知っている英語教育の常識は、通用しない。

 

 

大人は、選択しなければいけない。

 

 

わが子にとって必要な英語教育が、何か。

 

もちろん、お子さま一人ひとり違うよ。

 

だから選択の一つとして、僕たちのことを覚えていてもらえると嬉しいぞ。

 

 

英語を身につける目的

 

僕たち英語塾 ABCを選択の一つとして覚えていてもらうために、僕たちが英語のトレーニングをする上で大事にしてることを、叫んでおこう。

 

 

英語を勉強することや、テストで点数を採ることそのものを、「目的」にしないでくれ!

 

 

英語は言葉であり、コミュニケーションするための道具だ。

 

 

だから本来、英語を身につける目的は、英語を使って何かができるようになることであるはずなんだ。

 

 

英語で思いや意見を伝えること。

 

英語の本が読めたり、映画が観れるようになって、知識や感受性を育てること。

 

英語の情報を収集して、分析できるようになること。

 

ふっ。なかなか、受け入れ難いことだろう。

 

だが僕たちは、

 

 

言語としての英語を、

 

 

言葉としての英語を、

 

 

子どもたちに身につけてもらいたい。

 

 

だから諦めずに、言い続けよう。

 

そしてこの想いが、誰かの心に届け〜!

 


最後までご覧いただきありがとうございます。

 

英語塾 ABCには、まだまだ他にも英語トレーニング理念なるものがある。

そして、『言葉としての英語が身につく、常識に捉われない英語トレーニング理念』大公開中!

 

言葉としての英語が身につく、常識に捉われない英語トレーニング理念

http://www.abci.co.jp/principle.html


[広告]

最後に広告です。
英語塾 ABC(http://www.abci.co.jp)は、英会話教室や学習塾とは一線を画す、新しいカタチの英語専門塾です。英語の本(絵本)を読むことを通じて、「4技能」を鍛えます。英語のお勉強ではなく、使えるようになることを目標にしています。日常英会話ではなく、プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートのトレーニングをしています。暗記ではなく、定着を目指します。英語を英語のまま理解する力を養います。英語塾 ABCは、常識を変えた英語のトレーニングジムです。