教科書よ、もっと楽しくなあれ!

教科書よ、もっと楽しくなあれ!

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

やあ、英語塾 ABC のカリキュラム担当 ジョージだ。

 

今日は、学校英語について少し書いてみようと思う。

 

 

教科書よ、もっと楽しくなあれ!

 

学校の教科書って楽しくないだろ?

 

何の親近感も湧かないし、当たり前すぎる無理矢理な会話とか。

 

 

でも、教科書が、ネイティブが読んでるような、英語の本や絵本だったら?

 

 

例えば、

 

HOP ON POP / Dr. Seuss

 

FOX IN SOX /Dr.Seuss

 

Little Bear

 

Frog and Toad

 

Magic Tree House #1 – #4

 

Magic Tree House #1 – #4(Kindle版)

 

Charlie and the Chocolate Factory

 

Harry Potter

 

Hunger Games

 

Pretty Little Liars

 

twilight

 

Justice

 

 

わくわくするだろ?

 

 

もっと、読みたいってなるだろ?

 

 

英語って、それが大事なんだ。

 

わくわくと、もっと読みたい。

 

 

この2つがそろったら、驚くスピードで英語が身につく。

 

 

もし僕が学校を作ったら、英語の教科書はネイティブが読む英語の本や絵本にする。

 

 

もしも家で子どもに英語の本を読ませるなら

 

 

お母さんやお父さんが読ませたい本じゃなくて、子どもが読みたいと言った本を読ませてあげて欲しい。

 

 

キミにはまだ難し過ぎるから、やめた方がいいよ、なんて言わないで欲しい。

 

 

でも、今、読んでる本がつまらないから、他の本を読みたいと言った時、笑顔で「いいよ」と応えてあげて欲しい。

 

 

単語を覚えなさい。なんて言わないで欲しい。

 

 

これ、どういう意味?って日本語で言わせようとしないで欲しい。

 

 

せっかくのわくわくの芽を摘まないで欲しいんだ。

 

子どものわくわくは、上手に育てれば、ぐんぐん伸びていくよ。

 

 

[追 記]

4ヶ月で28,000語と言う、圧倒的な量の英語本を読んだお子さまが、どんな成長を遂げたか、教えよう!

 

 

英検5級からスタートして、

 

 

たった1年で、

 

 

英検準2級に合格したんだ YO!

 

 

たった1年で、3グレードアップだぞ。

 

 

小学生のお子さまをお持ちのお母さま、お父さま。

 

もし、英語はまだ早い。

 

まだ必要ないと思っていたら、とにかく、この記事『小学生が英語を学ぶメリット』をご一読頂けると嬉しい。

 


最後までご覧いただきありがとうございます。

 

『ネイティブが読んでる英語本をテキストにした、英語トレーニング法』を大公開中です。

 

ネイティブが読んでる英語本をテキストにした、英語トレーニング法

http://www.abci.co.jp/course.html

 

成長のキセキも併せてご覧ください。


[広告]

最後に広告です。
英語塾 ABC(http://www.abci.co.jp)は、英会話教室や学習塾とは一線を画す、新しいカタチの英語専門塾です。英語の本(絵本)を読むことを通じて、「4技能」を鍛えます。英語のお勉強ではなく、使えるようになることを目標にしています。日常英会話ではなく、プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートのトレーニングをしています。暗記ではなく、定着を目指します。英語を英語のまま理解する力を養います。英語塾 ABCは、常識を変えた英語のトレーニングジムです。