小学生が英語を学ぶメリットは、あまりにも大きいぞー!

小学生が英語を学ぶメリット

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

やあ、英語塾 ABC のカリキュラム担当 ジョージだ。

 

 

小学校高学年で英語が正式科目になる

 

 

かもしれないね。

 

そこで、小学生が英語を学ぶメリットについて書いてみようと思う。

 

 

小学生が英語を学ぶメリット

 

 

小学生が英語を学ぶメリットはかなり大きい。

 

 

小学校は6年あるが、一方の中学は3年。

 

小学6年間でゆっくり身につけるのと、中学3年間でぎゅうぎゅうと詰め込むのとでは、「質」が全然違ってくる。

 

 

「質」とは何か?

 

 

一般的な中学生の場合、

 

 

定期テストの点数を採ることに必死になる。

 

 

親も子も。

 

点数を採るためにやることは、机に向かってひたすら単語を暗記する。

 

フレーズやセンテンスを暗記する。

 

スペルを暗記する。

 

 

でも、暗記だけでは英語は身につかない。

 

 

だが、目の前のテストのことを考えると、そうならざるを得ない。

 

 

そしてそのまま、点数を採るための英語学習の道へと突き進むことになる。

 

 

特に、大学受験まっしぐらなお子さまに、多くみられる傾向だ。

 

だったら、

 

中学になったら、どうしてもそうなるんだったら、

 

 

小学生の間に、ゆっくり時間をかけて、質の高い英語を身につけておけばいいじゃないか!

 

 

質の高い英語。

 

それは、単語の意味を日本語で答えられることじゃない

 

英語をちゃんと聞けて、

 

英語をちゃんと話せて、

 

英語をちゃんと読めて、

 

英語をちゃんと書ける

 

外国人と英語でちゃんとコミュニケーションできること。

 

 

そもそも脳科学的にも、小学生は言語の天才だと言われている。

 

 

特に、音を聞き分ける能力と英語を英語のまま理解できる能力は凄まじい。

 

 

英語耳と英語脳。

 

 

大人が苦労するリスニングも、小学生なら、数か月のトレーニングで、ちゃんと音を聞き分けることができるようになる。

 

 

音を聞き分けられると、必然と正しい発音ができるようになる。

 

 

R とか Th。これが、メチャクチャかっこいんだ。

 

 

さらに凄いのは、小学生は、中学校で習う英文法を理屈で知らなくても、英検2級に合格できる力を持ってるってことだ。

 

 

小学生は、何でもかんでも、理屈抜きで、感覚として身につけることができるんだ!

 

 

最強だろ?

 

労が少ないんだ。

 

だから僕たちは、言語の天才である小学生の能力を、できる限り早いうちに伸ばしてあげることをおススメする。

 

小学生の間に、最低でも英検2級に合格できれば、中学3年間は、英語以外の他の教科に時間を費やすことができるぞ。

 

 

小学生で英語を学ぶメリット、それはあまりにも大きい。

 

 


最後までご覧いただきありがとうございます。

 

『中学英文法を理屈で知らなくても、英検2級に合格できる英語トレーニング法』大公開中!

 

中学英文法を理屈で知らなくても、英検2級に合格できる英語トレーニング法

http://www.abci.co.jp/course.html

 

成長のキセキも併せてご覧ください。

 

小学4年生の11月に英検2級に合格したY.H さん。

 

1年4ヶ月で彼が読んだ本は、

1. Charlie and the Chocolate Factory

2. Matilda

3. Haryy Potter

4. Star Wars

 

そしていま、” JUSTICE / Michael J. Sandel ” を読み始めている。

 

英語本に興味が湧いたら、この記事『教科書よ、もっと楽しくなあれ!』も参考にしてくれ。

 


[広告]

最後に広告です。
英語塾 ABC(http://www.abci.co.jp)は、英会話教室や学習塾とは一線を画す、新しいカタチの英語専門塾です。英語の本(絵本)を読むことを通じて、「4技能」を鍛えます。英語のお勉強ではなく、使えるようになることを目標にしています。日常英会話ではなく、プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートのトレーニングをしています。暗記ではなく、定着を目指します。英語を英語のまま理解する力を養います。英語塾 ABCは、常識を変えた英語のトレーニングジムです。