第三次提言、小学校英語の抜本的拡充だい!

小学校英語の抜本的拡充

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

やあ、英語塾 ABC のカリキュラム担当 ジョージだ。

 

2013年5月28日、教育再生実行会議の「これからの大学教育等の在り方について(第三次提言)」が、安倍総理に手交されたね。

 

 

第三次提言のまとめ

 

英語教育改革

  • 小学校英語教育の抜本的拡充(実施学年の早期化、指導時間増、教科化、専任教員配置等)
  • 中学校における英語による英語授業の実施
  • ネイティブ・スピーカーの 配置拡大
  • 大学入試における英検、TOEFL等外部試験の活用を進める。

 

 

スーパーグローバルハイスクール

グローバル・リーダーを育成する先進的な高校(「スーパーグローバルハ イスクール」(仮称))を指定し、外国語、特に英語を使う機会の拡大、幅広い教養や問題解決力等の国際的素養の育成を支援する。

 

 

国際バカロレア認定校(IB)

一部日本語によるディプロマ・プログラムの開発・導入を進め、大幅な増加(16 校→200 校)を図る。

 

 

スーパーグローバル大学創成支援

世界大学ランキングトップ 100 に10 校以上をランクインさせる。

 

 

海外留学支援制度の拡充

  • 留学費用の支援を抜本的に強化し、日本人留学生を12万人に倍増。
  • 優秀な外国人留学生の戦略的な受入れ拡大。
  • 英語による授業、日本語教育、宿舎整備等の生活支援や優秀な外国人留学生の日本企業への就職支援を充実・強化。
  • 企業は、優秀な外国人留学生の採用を積極的に行う。
  • 外国人留学生は30 万人に増やす。

 

 

競争相手は、もはや日本人だけではない

 

わが子の大学入試、わが子の就職。

 

わが子の競争相手は、もはや日本人だけではない。

 

 

海外の優秀な留学生も競争相手となる。

 

 

大企業ではグローバル採用が始まっている。

 

アンナが書いた記事『 ま、まさかのTOEFLランキング 』にあるように、

 

 

日本人の英語力は162カ国中137位。

 

 

アジアの中で、39カ国中27位。

 

 

今なら、まだ間に合う。

 

 

英語は、できたら大得なんだよ!

 

 

ABC から始める英語トレーニング

 

多くの子どもたちに、僕たちの英語塾で行っている英語トレーニングを知ってもらいたいので、やり方を公開するね。

 

 

対象は、これから英語を始めるお子さまだ。

 

 

年長さん 〜 小学6年生までね。

 

まず英語の本とそのオーディオブックを用意して欲しい。

 

「英語はじめてさん」にオススメなのは、

 

 

アメリカの絵本作家 Dr.Seuss の ” HOP ON POP ” だね。

 

 

前の記事『教科書よ、もっと楽しくなあれ!』では、CD付きを紹介したが、ここで紹介するのはCDなしの、本だけのものだ。

 

 

なぜCDなしを紹介したかと言うと、実は、Youtubeでオススメのビデオ ” DR SEUSS BEGINNER BOOK VIDEO HOP ON POP ” があるんだ。

 

ただこのビデオ、永続的にYoutubeにあるとは限らないので、もしYoutubeでこのビデオが見つからない場合は、潔くCD付きを購入してくれ。

 

購入パターンは、次の3つだ。

 

 

パターンA

CDあり ” HOP ON POP ”

 

パターンB

CDなし ” HOP ON POP ” + Youtube のオススメのビデオ

 

パターンC

CDあり ” HOP ON POP ” + Youtube のオススメのビデオ

 

 

そしてオススメのビデオとは、コレのことだ!

 

 

すっごい、いいでしょ!

 

さあ、本とCDまたは、ビデオの準備はできたかい?

 

 

まずは、音に集中する。

 

 

頼む、本は開かないでくれ!

 

 

手元にない方がいい。気が散るからな。

 

遠く、遠く、離れたところに置いてくれ。

 

 

1.ビデオまたはCDを再生してくれ。

 

 

レッツ、リスニングだ。

 

 

静かに、「音」をよ〜〜〜〜〜〜く聞くんだよ。

 

「聞き流す」んじゃなくて、よ〜〜〜〜〜〜〜〜く聞くんだ。

 

 

2.マンブリング!

 

 

次は、ビデオ/CDを聞きながら、ブツブツつぶやこう!

 

 

音(CD/VIDEO)が聞こえる程度に、ブツブツ言ってくれ。

 

頼む、音をかき消さないでくれ。ブツブツだ。

 

 

3.モノマネ音読

 

 

ついに、本を開くときがキタ!

 

 

さあ、音と文字をつなげて、実際に声に出してみるよ。

 

 

本の文字を目で追いながら、音(CD/VIDEO)を聞きながら、声を発してみよう。

 

 

気をつけて欲しいのは、CDやVIDEOの音を” モノマネ “すると言うこと。

 

 

棒読みは、ダメだ!

 

 

音楽だと思って、歌うような感じ。

 

リズム、間、強弱、高低、スピード、声色。

 

全部をモノマネするんだ。

 

恥ずかしがってちゃ、上手くなれない。

 

 

この、全部をモノマネすることが、英語上達のカギだから!

 

 

このモノマネ音読を繰り返すと、CDと全く同じスピードで、そっくりそのまま言えるようになるよ

 

 

4.その後は?

 

この本は、ネイティブの子どもたちが、読み方を覚えるために使われる本だ。

 

 

だから最初は、ボキャブラリーの意味は、分からなくていい。

 

 

わざわざ教えなくても、こどもは、

 

CUP, MOUSE, HOUSE, TALL, SMALL, BALL, PLAY, NIGHT, FIGHT, BEE,TREE, THREE, FISH

, RED, BED, SAT, HAT, CAT, BAT, SING, SONG, WALK, STOP…

 

これらの単語の意味を、イラストを助けにして、ちゃんと理解しているよ。

 

お母さん、お父さん、不安かもしれないが、無理矢理 ” IN ” や ” ON “の意味を教えないでくれ。

 

今は、ただただ、こどもを信じて、HOP ON POP を一人で読めるようになるトレーニングに集中してくれ。

 

 

この本をスラスラ読めるようになった頃、子どもたちは、

 

 

MOUSE ON HOUSE

 

 

HOUSE ON MOUSE

 

 

この違いを明確に理解できるようになっている!

 

 

ONて言うのはね、前置詞って言ってね、〜の上に…

 

ってそんな説明はできないけど、MOUSE ON HOUSEのイラストを見たら、MOUSE ON HOUSEを応えることができる。

 

ミラクルだろ。

 

 

これこそが、大人の知らない、子どもの秘めてる能力なんだぜ!

 

 

信じられないかもしれないが、中学で習う英文法を理屈で知らなくても、この英語トレーニング法で英検2級に合格できる力がつくんだ。

 

(とは言え、HOP ON POP をスラスラ読めるようになった後のトレーニングを知りたいだろう。その時は、『21億人のお友達』を読んでくれ。)

 

小学生のお子さまをお持ちのお母さん、お父さん、小学生で英語を始めるメリットは、かなり大きいんだぜ!

 

小学生が英語を学ぶメリット』を、ぜひ、読んで頂きたい。

 


最後までご覧いただきありがとうございます。

 

英語塾 ABCの『中学で習う英文法を理屈で知らなくても、英検2級に合格できる力がつく英語トレーニング法』大公開中!

中学で習う英文法を理屈で知らなくても、英検2級に合格できる力がつく英語トレーニング法

http://www.abci.co.jp/course.html


[広告]

最後に広告です。
英語塾 ABC(http://www.abci.co.jp)は、英会話教室や学習塾とは一線を画す、新しいカタチの英語専門塾です。英語の本(絵本)を読むことを通じて、「4技能」を鍛えます。英語のお勉強ではなく、使えるようになることを目標にしています。日常英会話ではなく、プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートのトレーニングをしています。暗記ではなく、定着を目指します。英語を英語のまま理解する力を養います。英語塾 ABCは、常識を変えた英語のトレーニングジムです。