2013.10.25 小学校英語教育の前倒し(下村文部科学大臣)

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

小学校英語教育について、現在小学5年生から行っている外国語活動を小学校3年生からに前倒しし、5年生からは教科化するという報道がありましたが、現時点ではまだ、決定事項ではありませんでした。しかし、この会見の1ヶ月半後に、下村文部科学大臣によるグローバル化に対応した英語教育改革実施計画」が発表されました

2013年10月25日 下村博文文部科学大臣の定例記者会見

小学校英語教育の前倒しについて

~(略)~

記者)
小学校英語教育について、現行では5年生から外国語活動として実施しているものを小学校3年生に前倒しし、5年生からは正式教科にするという方針を文科省が固めたという報道がありました。これは、教育再生実行会議の提言を受けて省内で検討をされてきたことと思いますが、その検討の進捗状況や今後のスケジュール、実施への課題について大臣から御説明ください。

~(略)~

大臣)
まず、小学校の英語の開始時期についてでありますけれども、教育再生実行会議第三次提言においては、初等中等教育段階からグローバル化に対応した教育を充実するため、小学校における英語教育の実施学年の早期化、指導時間増、教科化などについて検討するということになっております。
この提言を踏まえまして、今年の6月から、文部科学省内で「英語教育に関する検討チーム」を立ち上げ、小・中・高等学校を通じた英語教育の在り方について、その具体化に向けた検討を進めているところでございます。
各社報道で、この検討チームの案が報道されたわけでありますが、現時点でまだはっきり、実は固めているわけではありません。この検討チームの案を中心として、今後、必要な指導体制の整備も含めた英語教育全体の強化充実のための方策について、早期に結論を得ていきたいと思っておりますが、この検討チームの案では、小学校3年生、4年生が週1回程度英語に親しむと。そして、小学校5年生から英語の教科化、週3回程度ということを提案をしておりますけれども、これをする場合に、同時に中学校、高校の英語教育にも影響してくるわけです。
小学校だけ英語を前倒しして、中学校は現状維持ということでは無駄になってしまいますから、当然、中学校の英語も大幅にレベルアップをする必要がありますし、中学校の英語をレベルアップをするということは、当然、高校入試や、あるいは高校そのものの英語教育、それ以降にも影響してくることでもございます。
それから、必ずこれは言われることでありますが、英語教育を小学校から教科化をしていくということは、同時に日本語教育、日本人のアイデンティティーとしての日本の文化・伝統・歴史を踏まえた日本語教育も、更に強化をすべきであるということも言われているわけでございまして、これをトータル的に考え、制度設計をする中でスタートをすることが必要だというふうに思います。
一方、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致が決まりましたから、これに対応できるような形でのスケジューリングもしていく必要があるというふうに思いますので、これもトータル的に併せて、今後検討をして、英語教育全体の強化充実のための方策について、早期に結論を出していきたいと思います。

~(略)~

(了)

(大臣官房総務課広報室)