21億人のお友達

21億人のお友達

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

Hello. 英語塾 ABC 広報担当のアンナです。

 

社長命令で、

 

 

「英語ができると、何人の友達ができるか」

 

 

を調査するの。

 

 

命令だから、やりますけど、よく分からないミッションよね。

 

うちの社長、O型なの。

 

わたし、前の会社で社長秘書をしてたんだけど、社長もわたしもたまたまB型だったからなのか、ボスが一を言えば、十を知ることができたんだけど、今のボスが一を言えども、私は何も知ることができないわ。

 

苦戦。

 

えぇっと、早速 Googleで「英語 母語 人口」のキーワードで検索してみると、文部科学省のデータ「世界の母語人口(上位20言語)」が引っ掛かったわ。

 

母語人口が多いのは、ダントツで中国語の8億8,500万人。

 

英語はと言うと、第2位の4億人。

 

第3位がスペイン語の3億3,200万人。

 

さらに、言語別使用人口をみると、またもや中国語が10億7,500万人、次いで英語が5億1,400万人。

 

あら?

 

中国語の使用人口が圧倒的に多いわね?

 

このままでは、使える英語を日本に広めようとしている英語塾 ABCの存在価値が薄れてしまうわ。

 

そうなると、英語塾 ABCは閉校の危機に!?

 

超零細企業だけど、いいことやってるのよ〜

 

会社を守るため、自らの身を守るため、英語に有利なデータを必死に探したの。

 

ふふふ。見つけたわ。

 

なんと、「英語を公用語または準公用語にしている国が、世界に54か国あり、その人口は21億人を超える」というデータ!

 

 

世界人口約68億人の3分の1が、英語が使える人。

 

 

ふふふ。これで英語の威厳が保たれたわね。

 

英語ができれば、

 

 

21億人の友だちを作ることができるのよ〜

 

 

そう思うと、わくわくするわね。

 

やっぱり英語ってすごいわね。

 

 

世界の母語人口
順位 言語 母語人口
(単位:100万人)
1 中国語 885
2 英語 400
3 スペイン語 332
4 ヒンディー語 236
5 アラビア語 200
6 ポルトガル語 175
7 ロシア語 170
8 ベンガル語 168
9 日本語 125
10 ドイツ語 100

「文部科学省」

 

 

だから、英語を始めよう!

 

ちょっと強引かな。ふふ。

 

みんなに英語を好きになってもらいたいから、英語塾 ABCの英語トレーニング法を、公開しちゃいます。

 

 

英語塾 ABCのトレーニングは、英語をお勉強のように学ぶのではなく、英語が定着するように、スポーツのように、一つひとつ体に覚えさせていくイメージ。

 

 

これはね、英語を始めるにあたって、本当に大事なことよ。

 

 

子どもが中学、高校と進むにつれ英語嫌いになっていくのは、英語が「暗記科目」になってるからなの。

 

 

英語と言えば、

 

単語を覚えなきゃいけない。

 

熟語を覚えなきゃいけない。

 

構文を覚えなきゃいけない。

 

文法を覚えなきゃいけない。

 

スペルを覚えなきゃいけない。

 

覚えなきゃいけないことばかり。

 

これじゃ、楽しくなんかないし、脳科学的にもいいトレーニング法とは言えないわ。

 

 

英語は、楽しく身につけることが大前提。

 

 

そして、スポーツのように体を動かすことが上達の秘訣よ。

 

 

今、そのトレーニング法を大公開するわ!

 

 

まず、ご家庭でトレーニングをするために準備してもらいたいのは、次の5つ。

 

1.ネイティブが読んでいる英語の本

 

2.1のオーディオブック

 

3.CDプレイヤー/その他のオーディオプレイヤー

 

4.英英辞書

 

5.ボキャブラリーカード

 

 

1〜3についてはジョージが書いた記事『小学校英語の抜本的拡充』をご覧くださいね。

 

英語本についても、ジョージが『教科書よ、もっと楽しくなあれ!』に参考程度ですが、書いてくれてるので、こちらも併せてご覧ください。

 

と言うことで、今回は4についてご説明するわね。

 

 

4.英英辞書

 

いきなり、英英辞書ってハードル高くない?

 

って思うよね。

 

でも、絶対に英英辞書がオススメ。

 

英英辞書を使うことで英語脳を鍛えることができるのよ。

 

英和辞書を使うと、せっかく子どもが持つ英語脳が育たないわ。

 

 

だから、辞書は英英辞書を使う!

 

 

それから、分からない単語が多少あっても、英文を読み進める力を養って欲しいの。

 

分からない単語の意味を、想像する力を養って欲しいの。

 

分からない単語を、辞書で調べないと、前に進めない「脳」を作って欲しくないの。

 

 

だから、分からない単語を片っ端から調べるぞ!と言う意気込みは捨てる!

 

 

これが、英英辞書を使う基本ルールよ。

 

 

5.ボキャブラリーカード

 

ボキャブラリーカードの作り方は、次の記事『期待膨らむ、英語教育改革』で説明するわね〜

 


最後までご覧いただきありがとうございます。

 

英語塾 ABCの『小学生が英英辞書を使って英語本を読み切る、英語トレーニング法』大公開中!

 

小学生が英英辞書を使って英語本を読み切る、英語トレーニング法

http://www.abci.co.jp/course.html


[広告]

最後に広告です。
英語塾 ABC(http://www.abci.co.jp)は、英会話教室や学習塾とは一線を画す、新しいカタチの英語専門塾です。英語の本(絵本)を読むことを通じて、「4技能」を鍛えます。英語のお勉強ではなく、使えるようになることを目標にしています。日常英会話ではなく、プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートのトレーニングをしています。暗記ではなく、定着を目指します。英語を英語のまま理解する力を養います。英語塾 ABCは、常識を変えた英語のトレーニングジムです。