東京大学

発表、QS世界大学ランキング(2013-2014)

投稿日: カテゴリー: 未分類

最新の世界大学ランキング(2014年)の結果については、こちらの記事をご覧ください。

2014.09.16 QS World University Rankings 2014/15(QS世界大学ランキング2014−2015)

2014.10.2  THE World University Rankings 2014/15(THE世界大学ランキング2014-2015)

2013年5月17日、安倍総理が「成長戦略第2弾スピーチ」で、「世界に勝てる大学改革」として、今後10年で、世界大学ランキングトップ100に10校ランクインを目指すことを表明しました。

その4ヶ月後の2013年9月10日、イギリスのクアクアレリ・シモンズ社が「QS World University Rankings 2013/14(QS世界大学ランキング2013−2014)」を発表しました。

1.QS世界大学ランキングの評価基準

QS世界大学ランキングは、以下6つの評価基準をもとに大学の評価を行ったもので、総合評価に加えて、5つの分野別、評価基準別にランキングが発表されています。

6つの評価基準

  1. 研究者による評価
  2. 企業による評判
  3. 学生一人当たり教員数
  4. 外国人教員比率
  5. 留学生比率
  6. 教員一人当たり論文引用数

5つの分野

  • 人文
  • 工学
  • 生命科学・医学
  • 自然科学
  • 社会科学・マネジメント

2.総合評価におけるランキング

QS世界大学ランキングの総合評価における順位は次の通りです。

1〜10位

  •  1位 マサチューセッツ工科大学(アメリカ)
  •  2位 ハーバード大学(アメリカ)
  •  3位 ケンブリッジ大学(イギリス)
  •  4位 ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(イギリス)
  •  5位 インペリアル・カレッジ・ロンドン(イギリス)
  •  6位 オックスフォード大学(イギリス)
  •  7位 スタンフォード大学(アメリカ)
  •  8位 エール大学(アメリカ)
  •  9位 シカゴ大学(アメリカ)
  • 10位 カリフォルニア工科大学(アメリカ)
  • 10位 プリンストン大学(アメリカ)

トップ10はアメリカとイギリスが独占しています。

続いて、12位〜35位

  • 12位 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(スイス)
  • 13位 ペンシルベニア大学(アメリカ)
  • 14位 コロンビア大学(アメリカ)
  • 15位 コーネル大学(アメリカ)
  • 16位 ジョンズ・ホプキンス大学(アメリカ)
  • 17位 エジンバラ大学(イギリス)
  • 17位 トロント大学(カナダ)
  • 19位 エコールポリテクニークローザンヌ(スイス)
  • 19位 キングス・カレッジ・ロンドン(イギリス)
  • 21位 マギル大学(カナダ)
  • 22位 ミシガン大学(アメリカ)
  • 23位 デューク大学(アメリカ)
  • 24位 シンガポール大学(シンガポール)
  • 25位 カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ)
  • 26位 香港大学(香港)
  • 27位 オーストラリア国立大学(オーストラリア)
  • 28位 エコールノルマルシュペリウール パリ(フランス)
  • 29位 ノースウェスタン大学(アメリカ)
  • 30位 ブリストル大学(イギリス)
  • 31位 メルボルン大学(オーストラリア)
  • 32位 東京大学(日本)
  • 33位 マンチェスター大学(イギリス)
  • 34位 香港科技大学(香港)
  • 35位 京都大学(日本)
  • 35位 ソウル大学(韓国)

日本の大学は、東大が32位、次いで京大が35位と順当なランクインを果たしています。

3.日本の大学は、世界に勝てるか!?

日本の大学でトップ100に入ったのは、6大学

  • 32位 東京大学
  • 35位 京都大学
  • 55位 大阪大学
  • 66位 東京工業大学
  • 75位 東北大学
  • 99位 名古屋大学

トップ100〜200に入ったのは、3大学。

  • 133位 九州大学
  • 144位 北海道大学
  • 193位 慶応義塾大学

国別にトップ100にランクインした大学の数を見てみましょう。

  • アメリカ   30大学
  • イギリス   18大学
  • オーストラリア 7大学
  • オランダ    6大学
  • 日本      6大学
  • カナダ     5大学
  • スイス     4大学
  • 中国      3大学
  • 香港      3大学
  • 韓国      2大学
  • フランス    2大学

アメリカとイギリスの大学が、ほぼ半数を占めるという結果になっています。

この世界大学ランキングに対しては様々な批判もありますが、留学生の数が増える中、進学先を選ぶ上でも、数値化されたランキングは大変指標にしやすく、また国の政策にも大きな影響を与えるものとなっています。

世界大学ランキングとは、世界中の高等教育機関をさまざまな指標により評価し、ランキングとして定期的に発表されているもので、中でも、英クアクアレリ・シモンズ社の「QS世界大学ランキング」、英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション社の「THE世界大学ランキング」、上海交通大学の「世界大学学術ランキング(ARWU)」は、世界的にも影響力が大きい、主要3ランキングとされています。

発表、QS世界大学ランキング(2013-2014)” への2件のフィードバック

  1. >日本の大学はというと、

    東京大学(32位)、京都大学(35位)、大坂大学(55位)、東京工科大学(66位)、東北大学(75位)、名古屋大学(99位)、九州大学(133位)、北海道大学(144位)、慶応大学(193位)、筑波大学(210位)、早稲田大学(220位)

    これの66位の東京工科大学って東京工業大学の間違いではないでしょうか?

  2. ABCのホームページをご覧いただきありがとうございます。
    またご指摘頂き、誠にありがとうございます。
    重ねて御礼申し上げます。

    大至急、訂正いたします。
    今後とも、宜しくお願い致します。

コメントは受け付けていません。