今田耕司さんが、ちびっ子に囲まれて英検4級を受験

投稿日: カテゴリー: 未分類

おはようございます。

広報担当のアンナです。

先日の、日テレ系『人生が変わる1分間の深イイ話』をご覧になりましたか?

「今からでも間に合う!英会話上達法SP!」ということで、英語学習者には必見の内容でした。

▼英語力が一気にアップする驚きの3つの勉強法を大公開!(東進ハイスクール講師・安河内 哲也さん)

▼これさえ使いこなせば海外旅行も全然OK!魔法の8つの単語を伝授

▼20歳までまともに英語を話すことができなかった女性が、日本でわずか数百人しかいない同時通訳者に!独自の超簡単勉強法

▼TOEICで満点990点を42回も取った男!0円で作れる発音修正器でペラペラに

どれをとってみても、わくわくするテーマですが、

私が興味を持ったのは、今田耕司さんがちびっ子に囲まれて英検4級を受験していたことです。

小・中学生には大人気の英検ですが、大学生・社会人となると、就職や昇進試験で採用されているTOEICの方が圧倒的人気です。にもかかわらず、今田さんが「英検」を受験していたことに、とても興味を持ちました。

TOEICは、リスニングとリーディングの2つの技能しか判定されません。スピーキングとライティングに特化したTOEIC SWテストというものもありますが、受験者数がとても少ないです。一方、英検は2級~1級の2次試験でスピーキング力を見る面接試験があり、準1級と1級でライティング力を見る英作文があります。

「本物の英語」とは、「聞く、話す、読む、書く」の4技能をバランスよく身に付けることです。

4技能をバランスよく測定するという意味において、英語塾ABCでは、英検の受験をおすすめします。

英検1級保持者とTOEIC900点以上獲得者の平均年収を比較した調査結果があります。

TOEIC900点以上 → 801万円

英検1級 → 999万円

二つの間には、年収で言うと約200万円の差ができてしまうんです。

英語力にも当然、相応の差があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です