2014.9.26 スーパーグローバル大学、いよいよ始動!(下村文部科学大臣)

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

スーパーグローバル大学、いよいよ始動!

2014年9月26日 下村博文文部科学大臣の定例記者会見

スーパーグローバル大学、いよいよ始動!

大臣)
1点、冒頭発言があります。
スーパーグローバル大学創成支援事業採択結果についてであります。
今年度からの新規事業である「スーパーグローバル大学創成支援」事業の採択結果がまとまり、いよいよ始動することとなりましたので、発表いたします。
本事業は、我が国の高等教育の国際競争力の向上を目的に、徹底した国際化と大学改革を進める大学を重点的に支援するものであります。
このたび、世界大学ランキングトップ100に入ることを目指すトップ大学、タイプAと位置付けておりますが、13大学、そしてもう一つがタイプBでありますが、先導的な取組により我が国の社会のグローバル化を牽引(けんいん)する大学を24大学、合計37大学を採択決定いたしました。
本事業では、大学改革や国際化に係る数値目標を設定しておりまして、10年後には、採択大学全体で、例えば、外国人教員等の比率を約半数に、外国語における授業科目比率は5分の1とする目標を掲げており、年俸制を適用する教員比率や、学部一般入試へのTOEFL等外部試験の活用は大幅に増加する予定であります。
また、これら37大学に在籍する学生数は約55万人、教職員数は約8万人、合わせて63万人と大規模でありまして、今後、この規模で徹底した国際化と大学改革が進むことを考えると、非常に大きなインパクトを持つ取組になるのではないかと考えております。
今後は、この37採択大学が着実に事業を遂行して目的を達成し、我が国の高等教育の国際競争力が向上すること、そして10年後には異なる高等教育の景色が展開されることを期待をしているところであります。
私の方からは以上です。

(了)

(大臣官房総務課広報室)