2014.12.24 ついに始まる大学入試改革!(下村文部科学大臣)

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

ついに始まる大学入試改革!

2014年12月24日 下村博文文部科学大臣の定例記者会見

ついに始まる大学入試改革!

大臣)
1点あります。
12月22日の中教審における答申の取りまとめについてであります。
先日の中央教育審議会総会におきまして、高大接続に関する答申「新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について」と、学校制度の柔軟化に関する答申「子供の発達や学習者の意欲・能力等に応じた柔軟かつ効果的な教育システムの構築について」の取りまとめがありました。
高大接続に関する答申については、平成24年8月の諮問以来、総会の下に高大接続特別部会を設置して、大変精力的な御審議を頂き、充実した答申をおまとめいただいたものと認識しております。
高大接続の改革は、単に大学入学者選抜の在り方にとどまらず、高校教育や大学教育も含め大きく変えることにつながる、今後の我が国全体の人材育成に関わる極めて重要な課題であります。
本答申においては、そのような認識の下、我が国が目指す未来の姿を明らかにした上で、教育改革において最大の課題でありながら実現が困難であった高大接続改革を初めて実現するための方策として、高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的・抜本的な改革を提言しております。
文部科学省としては、答申の御提言をしっかりと受け止めて、国としての改革の具体的なプラン「高大接続改革実行プラン(仮称)」を速やかに策定するとともに、改革に必要な施策の推進に全力で取り組んでまいります。
その際、高大接続改革は大学入学者選抜の在り方にとどまらず、大学教育改革や高校以下の教育内容・方法なども含めた幅広い取組が必要なことから、全省的に改革に取り組むとともに、社会全体で改革を共有するための周知・広報にも尽力してまいりたいと思います。
また、学校制度の柔軟化に関する答申については、今年7月の諮問以来、初等中等教育分科会の下に特別部会を設置するなど、各分科会・部会を中心に、短期間の中で合計30回に及ぶ集中的な御審議を頂き、充実した答申をおまとめいただいたものと認識しております。
本答申においては、学校制度を子供の発達や学習者の意欲・能力等に応じた柔軟かつ効果的なものとすることで、制度的な選択肢を広げ、これからの時代のニーズに対応することを目的として、小中一貫教育の制度化や高校専攻科からの大学への編入学を認めるなどが提言されております。
文科省としては、答申の御提言をしっかりと受け止めて、必要な法律や省令等の整備に迅速に取り組むとともに関係施策の推進に全力で取り組んでまいります。
以上です。

(了)

(大臣官房総務課広報室)