小学校外国語活動、課題のトップは、「教員の指導力・技術 」(英検協会)

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

公益財団法人 日本英語検定協会(英検協会)の英語教育研究センターは10月28日、「小学校の外国語活動及び英語活動等に関する現状調査」を発表しました。

調査は、全国の国公私立小学校から抽出した5,216校を対象に、郵送によるアンケート調査で、2013年12月に実施。1,412件の回答が得られています。

小学校の外国語活動及び英語活動等に関する現状調査

平成 23 年度より小学校高学年(5・6 年生)を対象に外国語活動が導入され三年目となり、低・中学年(1~4 年生)への英語活動への取り組みにも動きがある中、全国の国公私立小学校に、導入後の変化、現場での課題や取組みについて尋ねています。

外国語活動および英語活動の実施時間について

1~4年生はすべての学年で「0時間」の比率が前年度を上回っており、取り組みを抑制している学校が増えている。しかし、「4~11時間」「36~70時間」「71時間以上」の3項目は、すべての学年で前年度を上回っていることから、取り組みを抑制している学校の増加と、積極的に時間を確保して取組む学校の増加の二極化が起きていると考えられる。

また、5・6 年生は、「36~70 時間」が前年比で、2~3 ポイント上回り、「71 時間以上」がわずかに前年度より高くなったため、時間数が全体として微増している。

外国語活動の成果を測るための、小学校卒業時までの考査(テスト)の必要性について

外国語活動の成果を測るためのテストの必要性については、必要と思わない(あまり必要と思わない+必要と思わない82.8%)とする回答が圧倒的に多い。

外国語活動において、問題や課題であると感じていること

外国語活動で問題や課題に感じていることは、1位「教員(HRT等)の指導力・技術」、2位「指導内容・方法」、3位「ALTとの連携および打合せ時間」となっている。

2020 年度を目途にした小学校英語の実施方法について

2020年度をめどにした小学校英語の実施方法について意見を求めたところ、すべての項目でとても熱心な回答が寄せられたという。特に「5~6年生は正式な教科として週3回の授業を行う」ことに関しては、40%を超える学校から意見が寄せられたが、積極的賛成意見は目立たず、ほとんどが現状では難しいとする意見だった。

また、「3~4 年生は必修化とし、週 1~2 回の授業を行う」ことに関して、「他教科への影響」「国語教育が先決」などといった意見や、「 5~6 年生は中学校の学習内容を一部前倒しし、読み書きを含めた指導を行う」ことに関しての賛成意見は少数派。「5~6 年生は英語専門の教員が主に指導する」ことに関しては、賛成意見が多数派だったが、「児童理解を含め、担任がやるべき」といった意見も様々な視点からあり、「賛成。しかし人員配置が可能なのか」などの専門人材の配置を不安視する、反対要素と賛成要素が混在する意見も見られた。

ABCの私見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です