スーパーイングリッシュティーチャー(SET)の応募始まる!

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

大阪府教育委員会が、英語教育改革プロジェクトの一環として、スーパー イングリッシュ ティーチャー(SET)を公募しています。

スーパーイングリッシュティーチャー(SET)とは、大阪府立高等学校教員として、TOEFL iBT を活用した英語の授業を担当し、英語教育の指導方法・教材の開発、カリキュラムの改善及び、他の英語教諭の能力を高め同教育を担う人材の育成にあたる教員のことです。

主な受験資格は

  • TOEFL iBT スコア 100 点以上または IELTS スコア(アカデミック・モジュール/オーバーオール・バンド・スコア)7.5 以上を有すること。
  • 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)を卒業した方(平成 27 年 3 月卒業見込みの方を含む)又はこれと同等の資格があると教育委員会が認める方(海外大学等)
  • 地方公務員法第 16 条、学校教育法第 9 条及び教育職員免許法第5条第1項の各号に該当しないこと。

第2期の応募期間は、2014年 7 月 22 日(火)から 8 月 15 日(金)まで

TOEFL iBT 100点以上、IELTS7.5以上という条件は、かなりハイレベルで厳しいですが、大阪府の高校生の英語力が世界標準レベルになることが、今からわくわくします。進学先に、京都大学や大阪大学だけでなく、ハーバードやケンブリッジのような海外の大学名が挙がる日がとても待ち遠しいです。

▼ 応募や勤務条件などの詳細、及び問い合わせは以下をご覧ください。
Super English Teacher(SET)の採用選考について