QS世界大学ランキング1位【MIT】

2つの世界大学ランキング(2013-2014)

投稿日: カテゴリー: 未分類

最新の世界大学ランキング(2014年)の結果については、こちらの記事をご覧ください。

2014.09.16 QS World University Rankings 2014/15(QS世界大学ランキング2014−2015)

2014.10.2 THE World University Rankings 2014/15(THE世界大学ランキング2014-2015)

2013年5月17日、安倍総理が「成長戦略第2弾スピーチ」で、「世界に勝てる大学改革」として、今後10年で、世界大学ランキングトップ100に10校ランクインを目指すことを表明しました。

その4ヶ月後の2013年9月10日、イギリスのクアクアレリ・シモンズ社が「QS世界大学ランキング(2013/2014)」を発表し、その1ヶ月後10月2日、イギリスのタイムズ・ハイヤー・エデュケーション社が「THE世界大学ランキング(2013-2014)」を発表しています。

今年も2ヶ月後には、2014年版のQS世界ランキングが発表されます。そこで、2013年版の2つのランキングについてまとめてみましたので、ご覧ください。

1.世界大学ランキングとは何か?

世界大学ランキングとは、世界中の高等教育機関をさまざまな指標により評価し、ランキングとして定期的に発表されているもので、中でも、英クアクアレリ・シモンズ社の「QS世界大学ランキング」、英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション社の「THE世界大学ランキング」、上海交通大学の「世界大学学術ランキング(ARWU)」は、世界的にも影響力が大きい、主要3ランキングとされています。

3大ランキング

  • QS世界大学ランキング・・・イギリスのクアクアレリ・シモンズ社が発表する「QS World University Rankings
  • THE世界大学ランキング・・・イギリスのタイムズ・ハイヤー・エデュケーション社が発表する「The Times Higher Education World University Rankings
  • 世界大学学術ランキング・・・上海交通大学が発表する「Academic Ranking of World Universities」

QS世界大学ランキングとTHE世界大学ランキング、いずれもイギリスの教育機関が発表するもので、いずれも世界に大きな影響を与える主要ランキングですが、それぞれの評価基準や方法、結果は異なります。比較してみましょう。

2.世界大学ランキングの評価基準

THE世界大学ランキングの評価基準

THE世界大学ランキングは、5カテゴリーに分類される13の評価基準によってランキングされています。

1.教育

  • 教員一人当たりの学生数
  • 学士授与数当たり博士授与数
  • 教員一人当たりの博士授与数
  • 教育評価調査
  • 教員一人当たりの収入

2.研究

  • 教員・研究者一人当たりの論文数
  • 教員一人当たりの研究収入
  • 研究評価調査

3.論文引用

  • 研究の影響力

4.産業収入

  • 教員一人当たりの産業収入

5.国際性

  • 外国人教員と自国出身教員の比
  • 国際共著論文数
  • 留学生と国内学生比

QS世界大学ランキングの評価基準

QS世界大学ランキングは、以上6つの評価基準をもとに大学の評価を行ったものです。

  1. 研究者による評価
  2. 企業による評判
  3. 学生一人当たり教員数
  4. 外国人教員比率
  5. 留学生比率
  6. 教員一人当たり論文引用数

3.総合評価におけるトップ10

QSとTHE、2つのランキングにおけるトップ10を比較してみると、いずれもアメリカとイギリスの大学が独占しています。

  • 1位は、THE:カリフォルニア工科大学、QS:マサチューセッツ工科大学となっています。
  • 2位は、いずれもハーバード大学という同じ結果。
  • 3位は、THE:オックスフォード大学であるのに対し、QS:ケンブリッジ大学となっています。

そして、

  • THE:8位のカリフォルニア大学バークレー校がQS:トップ10入りならず、25位となっています。
  • QS:4位のユニバーシティー・カレッジ・ロンドンは、THE:トップ10入りならず、21位。
  • QS:8位のエール大学も、THE:トップ10入りならず、惜しくも11位。

THE世界大学ランキングトップ10

  •   1位 カリフォルニア工科大学(アメリカ)
  •   2位 ハーバード大学(アメリカ)
  •   3位 オックスフォード大学(イギリス)
  •   4位 スタンフォード大学(アメリカ)
  •   5位 マサチューセッツ工科大学(アメリカ)
  •   6位 プリンストン大学(アメリカ)
  •   7位 ケンブリッジ大学(イギリス)
  •   8位 カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ)
  •   9位 シカゴ大学(アメリカ)
  •  10位 インペリアル・カレッジ・ロンドン(イギリス)

アメリカ7大学、イギリス3大学がランクインしています。

QS世界大学ランキングトップ10

  •  1位 マサチューセッツ工科大学(アメリカ)
  •  2位 ハーバード大学(アメリカ)
  •  3位 ケンブリッジ大学(イギリス)
  •  4位 ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(イギリス)
  •  5位 インペリアル・カレッジ・ロンドン(イギリス)
  •  6位 オックスフォード大学(イギリス)
  •  7位 スタンフォード大学(アメリカ)
  •  8位 エール大学(アメリカ)
  •  9位 シカゴ大学(アメリカ)
  • 10位 カリフォルニア工科大学(アメリカ)
  • 10位 プリンストン大学(アメリカ)

アメリカ7大学、イギリス4大学がランクインしています。

4.国別トップ100の大学数

国別にトップ100にランクインした大学の数を見てみましょう。

THE世界大学ランキング:トップ100の大学数

  • アメリカ   46大学
  • イギリス   11大学
  • オランダ    8大学
  • ドイツ     6大学
  • オーストラリア 5大学
  • カナダ     4大学
  • スイス     3大学
  • フランス    3大学
  • 韓国      3大学
  • 日本      2大学
  • 中国      2大学
  • 香港      2大学

THE世界大学ランキングにおけるトップ100の結果は、アメリカの独占状態。次いでイギリス・オランダと続きますが、アメリカの46大学というのは圧倒的な数字と言えます。そして、この評価方法によると、日本がトップ100にランクインできるのは東京大学(23位)、京都大学(52位)の2大学のみという結果です。

QS世界大学ランキング:トップ100の大学数

  • アメリカ   30大学
  • イギリス   18大学
  • オーストラリア 7大学
  • オランダ    6大学
  • 日本      6大学
  • カナダ     5大学
  • スイス     4大学
  • 中国      3大学
  • 香港      3大学
  • ドイツ     3大学
  • 韓国      2大学
  • フランス    2大学

一方、QS世界大学ランキングでは、やはりアメリカが圧倒的ではありますが、アメリカとイギリスでほぼ半数を占めるという結果になっています。

日本の大学も少ないとはいえ、健闘しており下記6大学がランクインしています。

32位 東京大学
35位 京都大学
55位 大阪大学
66位 東京工業大学
75位 東北大学
99位 名古屋大学

5.2つのランキングによる順位の違い

日本の上位5大学における、QS/THEそれそれのランキングでの順位の違いを見てました。

  • 東京大学・・・・・(QS)32位/(THE)23位
  • 京都大学・・・・・(QS)35位/(THE)52位
  • 東京工業大学・・・(QS)66位/(THE)125位
  • 大阪大学・・・・・(QS)55位/(THE)144位
  • 東北大学・・・・・(QS)75位/(THE)150位

QSとTHEとでは、ずいぶん差があることに気づいていただけるように、世界大学ランキングに対しては様々な批判もあります。ですが、留学生の数が増える中、進学先を選ぶ上でも、数値化されたランキングは大変指標にしやすく、また国の政策にも大きな影響を与えるものとなっているため、無視することができないものとなっています。

今後10年間でトップ100に日本の大学が10校。無理な数字ではないはずです。日本が成長していくためにも、ぜひ目指したい数字です。

最後に、

世界大学ランキング上位5大学のうち、東京が2大学、関西(京都・大阪)が2大学、東北が1大学となっており、関西も東京に負けず奮闘しています。そして、慶応や早稲田と言った有名校がトップ150入りしていないにも関わらず、大阪大学の(QS)55位、(THE)144位と言う結果は、すばらしい成績だと思います。大阪大学には、今後も日本の上位5大学の一つとして、さらにランクが上がるよう期待したいです。