2015.2.24 「高大接続システム改革会議」を立ち上げ(下村文部科学大臣)

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

「高大接続改革実行プラン」推進のため「高大接続システム改革会議」を立ち上げ。

2015年2月24日 下村博文文部科学大臣の定例記者会見

「高大接続システム改革会議」を立ち上げ。

大臣)
冒頭、発言が3件あります。
まず、「高大接続システム改革会議」についてであります。
高大接続改革に関し、昨年12月の中央教育審議会答申では、専門家会議において具体的内容についての更なる検討が必要とされており、これを踏まえて今年1月に策定した「高大接続改革実行プラン」を推進するため、「高大接続システム改革会議」を本日付けで立ち上げることといたしました。
この会議のメンバーは、高等学校・大学関係者はもとより、テストの専門家、保護者、企業人など、教育を通して我が国の未来を作ることに貢献していただける有識者にお引き受けいただいておりまして、その座長は、中教審の前会長である安西祐一郎氏、現在、日本学術振興会理事長、そして今月から文部科学省の顧問にもなっていただきましたが、安西先生にお願いすることといたしました。
この会議におきましては、新テストとして新たに開発する高等学校基礎学力テスト(仮称)及び大学入学希望者学力評価テスト(仮称)、各大学の個別選抜の改革や多様な学習状況・学習成果の評価の在り方など、高大接続改革の実現に向けた具体的な方策について検討していただく予定であります。
これらにつきましては、高大接続改革を着実に実行する観点から、夏頃までに中間的なまとめを、また、年内に最終報告の取りまとめをしていただきたいと考えております。
文科省としては、今後、この会議におきまして精力的に議論を深めていただき、高大接続改革に全力で取り組んでいきたいと考えております。

~(略)~

記者)
高大接続システム改革会議の今回座長になられた安西さんにつきまして、安西さんが顧問になられるということですが、顧問になられた理由と、高大接続システム改革会議の座長として期待されることをお願いします。

大臣)
今まで学校教育というのは、近代工業化社会を支えるための制度として、我が国では1872年から始まったわけですけれども、そういうある意味では、近代工業化社会から情報化社会に転換をした1990年前後、このときから実際は、今回の高大接続と同じようなコンセプトで、21世紀に必要な教育というのは提言されていたわけですね。
ですから、初めての提言というよりは、この20年来ぐらい、現状のままの画一・均一教育では、これから21世紀に資する人材育成は学校教育で十分できないということが、いろいろなところで答申等でもうたわれていたのにもかかわらず、なかなか進まなかったという意味では、我が国の教育改革のラストチャンス。つまり、同様に今回も中教審から答申があって、文科省がするといっても、何となく絵に描いた餅になってしまうとか、うやむやになってしまうということがあってはならない。
これは文科省の問題というよりは、日本の21世紀の教育を考えた場合には、きちっと的確に対応しなければ、対処しなければならないという必然性をしっかり反映していくためには、継続性と、それからトータルパッケージで取り組んでいく必要があるということで、安西先生は中教審答申の高大接続の中心的な取りまとめをしていただいたという経緯がありましたので、任期で中教審の会長は辞めざるを得ないということでありましたので、今度は顧問になっていただいて、文科省に置く高大接続システム改革会議の座長になっていただいて、中心的に引き続きこの高大接続については、これは省内挙げて、高校以下の学習指導要領、大学入学試験の在り方、大学教育の在り方を、トータルパッケージで考えていく必要があると思いますが、そういう部分からしっかり取り組んでスキームをきちっと作り、今後、大臣が替わっても、あるいは、場合によっては政権が変わることがあったとしても、これは変えないということで、我々としては6年先ぐらいまでをめどで、きちっとしたものを今からパッケージとして作っていきたいと。そのために安西先生に中心になってやっていただきたいということも含めて、文科省の顧問にもなっていただいて、部屋も用意をしております。

(了)

(大臣官房総務課広報室)