2015.6.9 中高生の英検取得率を50%に(下村文部科学大臣)

投稿日: カテゴリー: 未分類

Hello. 英検担当Victoria よ。

2015年6月9日、下村博文文部科学大臣の定例記者会見があったんだけど、びっくりニュースだったわね。

中学生(英検3級)、高校生(準2~2級)の英検取得率を50%に、10年後には70%に!するんですって。

何で英語やんなきゃいけないの?って言ってる場合じゃなくなってるわね。

 

わが子にも英検を

わが子にも英検を受験させたいとお思いになったお母さま、お父さま。

まずは、「英検試験日程」をご確認なさって。特に申込期限を忘れないで。毎年、期限を過ぎたんだけど、どうにかならないかしら?って問い合わせの電話が日本全国からABCにかかってくるの。なぜかしら?

 

次に、最も大事なことをお伝えするわ。

さっきも申し上げたとおり、英検合格を目的とした英語学習は危険よ。子どもを英語嫌いにさせてしまう可能性が大きいの。だから、そんなやり方は絶対にして欲しくないの。お願いよ。

できれば、この記事『成功の秘訣』を読んでいただきたいわ。

お忙しいお父さま、お母さまに、ちっちゃな塾の記事を読んで頂きたいなんて恐縮だけど、でも私たちの経験談(失敗も)を恥を忍んで書いてあるわ。同じ過ちを犯してほしくないから。英語嫌いの子どもを増やしたくないから。

 

3つ目、英検合格への最短ルートは、過去問を何度も繰り返し音読することよ。

英語塾 ABCでは、問題を解くことよりも、問題や答えを繰り返し音読するということをやっているの。

 

4つ目、申込方法や検定料について、「英検、3つの申込方法」でご確認くださいね。

 

2015年6月9日、下村博文文部科学大臣の定例記者会見

~(略)~

記者) 先日、「生徒の英語力向上推進プラン」が発表されました。

教育振興基本計画では高卒段階で英検準2級から2級程度が50パーセントとなっていますが、高校によって英語教育の必要性や目標は異なってくると思います。

今後国として、高校別の目標設定の在り方などを示していく考えなどがありましたら教えてください。

 

大臣) まず全体論として、第2期教育基本振興計画において生徒の英語力については、中学校卒業段階で英検3級程度以上、高校卒業段階は準2級程度から2級程度以上を達成した高校生の割合を50パーセントとすることを目標にしています。

今時点における実態は、中学3年生35パーセント、高校3年生32パーセントであるわけです。

これからの更なる計画の中で、平成36年度前後をめどに70パーセントにしたい、高校生、中学生のそれぞれの目標をですね。

そうするとおっしゃるとおり学校によっても違いが生じます。

中学は是非違いがないような対応をしていただきたいと思いますが、高校等ですと学校によって違いはあると思いますが、平成36年、高校3年生平均70パーセントですから、是非目指せる学校は100パーセントなり90パーセント、個々に目標を作って、是非やっていただきたいと思います。 ~(略)~

(了)

(大臣官房総務課広報室)

 

[広告]

最後に広告です。
英語塾 ABC(http://www.abci.co.jp)は、英会話教室や学習塾とは一線を画す、新しいカタチの英語専門塾です。英会話だけじゃなく「4技能」を鍛えます。英語のお勉強ではなく、使えるようになることを目標にしています。英語塾ABCは、常識を変えた英語のトレーニングジムです。