2015.6.26 トビタテ!第3期生404名が決定!(下村文部科学大臣)

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース留学

官民協働による海外留学支援「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第3期派遣留学生は、404名。

2015年6月26日 下村博文文部科学大臣の定例記者会見

トビタテ!派遣留学生404名が決定!

大臣)

~(略)~

2点目は、「官民協働による海外留学支援制度 トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第3期派遣留学生の選考結果がまとまりましたので、公表いたします。
本プログラムの第3期派遣、今年の8月以降の出発につきましては、全国212校から1,290名の応募がありました。その後、支援企業等の方々に選考委員をお願いして、書面と面接による選考を実施した結果、最終的に404名の学生を採用することとなりました。
コース別、地域別の学生数については、お手元に配布の資料のとおりであります。
今回の特色としては、今回から募集を開始した地域人材コースにおいて42名の採用があったこと、また23校の新規学校から採用があった中に、初めて専修学校から2名の採用があったこと、また青森県から初めて2名採用があり、1期からの累計で、47都道府県全てで採用がなされたことなどが挙げられます。
本プログラムでは、支援する企業等の意向を踏まえ、学生の主体性や志、活動の実践性などを重視して、学生を選抜をいたしました。
選考に当たっては、支援企業などから60社、91名の方々に書面と面接により、学生の人物面の審査をしていただきました。実際に面接を担当された支援企業の方からも、全体として熱意や意欲のある学生が多かったといった評価の声を頂いております。
来週7月1日より、平成28年度前期第4期生の募集を開始するところであります。引き続き、全国各地の意欲と能力ある学生からの積極的な応募を期待をしたいと思います。
また、本事業の実施に当たっては、6月25日現在で148の企業・団体から御支援を頂くことになっておりまして、約103億円の御支援を見込んでおります。この場をお借りしまして、本事業に賛同し、御支援いただく企業などの皆様方には厚く感謝を申し上げたいと思います。
なお、企業等からの御支援は、これからも引き続き募集していく予定であります。今後とも、我が国の成長に欠かせないグローバル人材をオールジャパンで育成していく応援をしてまいりたいと思います。

~(略)~

(了)

(大臣官房総務課広報室)