英検3級、準2級にもライティングが導入(英検協会)

投稿日: カテゴリー: 教育ニュース

Hi. 英検担当のVictoriaよ。

またまた、皆さまにとってはドッキリ!?な話。英語塾 ABCにとっては、嬉しい話。

なんと、英検2級に続いて、準2級と3級にも、ライティングテストが導入されるのよ~。ホ・ホ・ホ♪

 

公益財団法人 日本英語検定協会(英検協会)は、来年度 2017年度の第1回実用英語技能検定より、「準2級」、「3級」にライティングテストを導入することを発表いたします。(英検協会)

 

4技能化への動きが、活発になってきましたね!

さて、準2級と3級のライティングとはどのようなものなのか、気になるわよね。

サンプルが掲載されていたので、見てみましょう。

 

ライティングテストの内容
準2級-問題例
  • あなたは、外国人の知り合いから以下のQUESTIONをされました。
  • QUESTIONについて、あなたの意見とその理由を2つ英文で書きなさい。
  • 語数の目安は50~60語です。

 QUESTION

Do you think students should take part in club activities at school ?

 

満点解答例

I think that students should take part in club activities. I have two reasons. First, students can make friends. For example, I met many nice people when I joined the art club. Second, they can become healthier. If they join a sports team, they will exercise every day. That is why I think they should join club activities. (58語)


3級-問題例
  • あなたは、外国人の友達から以下のQUESTIONをされました。
  • QUESTIONについて、あなたの考えとその理由を2つ英文で書きなさい。
  • 語数の目安は25~35語です。

 QUESTION

What is your season ?

 

満点解答例

My favorite season is summer. I like summer the best because my school has a long vacation. Also, my friends and I can go swimming inthe sea.(28語)


英検2級も、2016年度からライティングが導入されました。(2015.07.15)

サンプルはこちら


準1級と1級のライティングも、語数が増えたり形式が変わったりするの。(2015.12.25)

サンプルはこちら


ライティング導入の背景

従来の英検に比べると、ライティング力が測定されるようになったことは、英語教育業界にとっては、嬉しいニュースだわ。英検がライティングを導入した背景が次のように書かれていたわ。

 

【背 景】

ここ数年、我が国の英語教育は、グローバル人材の育成を目的に、小学校、中学校、高等学校と継続し4技能(「読むこと」・「聞くこと」・「話すこと」・「書くこと」)を総合的に育成する方向で様々な取り組みが行われています。直近の動向では、2016年8月1日の中央教育審議会教育課程特別部会にて公表された「次期学習指導要領に向けたこれまでの審議のまとめ(素案)のポイント」において、次期学習指導要領の改定の方向性として、「4技能の総合的育成」と共に「発信能力のさらなる強化」が掲げられ、今後、「話すこと」・「書くこと」が特に重視されてきます。

英検教会では、このような4技能化の潮流に迅速に対応することが公益法人の責務と認識し、早くから実用英語技能検定全休の4技能化に着手し~

 

 

[広告]

最後に広告です。
英語塾 ABC(http://www.abci.co.jp)は、英会話教室や学習塾とは一線を画す、新しいカタチの英語専門塾です。英会話だけじゃなく「4技能」を鍛えます。英語のお勉強ではなく、使えるようになることを目標にしています。英語塾ABCは、常識を変えた英語のトレーニングジムです。