英検2級のエッセイ・ライティングで満点を取るトレーニング

英検2級のライティングで満点を取るトレーニング法

投稿日: カテゴリー: 未分類

大変!

 

 

あ、Hello. 英検担当のVictoriaよ。

 

 

英語塾 ABCの生徒さんが、英検2級のエッセイ・ライティングで、満点(650点)を取ったの!

 

 

それも、2016年度 第2回・第3回と連続で!

 

 

それで、「英検2級のエッセイ・ライティングで満点を取るトレーニング法」を知りたいと、各界から執筆依頼が殺到。

 

ブログを書く事になったわけ。

 

じゃ早速、英語塾 ABCの生徒さんが英検のエッセイ・ライティングで、満点を取れた秘密を教えるわね。

 

英語塾 ABCの生徒さんがエッセイ・ライティングで満点を取れるのは、

 

 

単純に「英語を書く」ことに慣れてるからなの。

 

 

英語塾 ABCでは、普段のトレーニングで、読んだ本のサマリーを書くの。

 

 

ABCでのトレーニングは1人、週に1回。

 

 

だから、毎週1回は必ず全員が英語を書くわけ。

 

 

その積み重ねがあった上で、英検前にエッセイ・ライティングのトレーニングをするの。

 

 

これまでライティングをした事のない子が、いきなりエッセイ・ライティングをするのは本当に難しいわ。

 

エッセイは、自分の意見や思いを伝えないといけないからね。

 

 

一方、サマリー・ライティングは、読んだ本に書いてあったことの「まとめ」だから、乱暴に言ってしまうと、最初は本を書き写すだけでいい。

 

 

エッセイに比べて、サマリーはハードルが低いの。

 

 

英語が初めての子でも無理なくできるから、早い時期から「積み重ね」ができるわけ。

 

 

週にたった1回の事だけど、これが大きな差を生むのは確かよ。

 

 

このサマリー・ライティングで、「英語を書く」ことに慣れてくると、エッセイ・ライティングのトレーニングができるようになるわ。

 

ここまでのことをまとめると、

 

 

「英検2級のエッセイ・ライティングで満点を取るトレーニング法」は、サマリー・ライティングのトレーニングを週に1回行っていることが大前提で、それがライティング力の基礎を作ってるってこと。

 

 

ではその上で、英検2級のエッセイ・ライティングで満点を取る秘密を教えちゃうね。

 

実は、笑っちゃうくらい単純なのよ。

 

 

まずは、過去問に出題されたテーマに基づいてエッセイを書く。

 

 

次に、講師に添削してもらう。

 

 

さらに、これが一番重要なんだけど、講師が添削したものをもう一度、書き直すの。

 

 

そして、書き直したものを音読する!

 

 

書いて、添削してもらって、書き直して、音読。

 

 

このトレーニングを、何度も何度も、繰り返し繰り返し、積み重ねることで、英検のエッセイ・ライティングで高得点が狙えるようになるわ。

 

 

で、満点を取るコツはズバリ、文章構成とそのバランス。

 

 

知ってる子も多いと思うけど、文章は、ただダラダラと書いてはダメ。

 

 

1. Introduction

 

2. Body

 

3. Conclusion

 

 

の3つのパートに分けて書くの。

 

そして、インデントをつけることを忘れないで。

 

インデントは、指2本分。

 

えー、そんなにって思うかもしれないけど、えー、そんなにつけるんです。

 

 

1.Introductionには、結論を。

 

I think …  / I don’t think …

 

 

2. Bodyには、その理由を。

 

英検2級の場合は、理由を2つ書くことになってるから、

 

First reason …

 

Second reason …

 

 

3.Conclusion には再度、結論を。

 

1.Introduction をそのまま書くんじゃなくて、言い換えて書くことがポイントよ。

 

 

この辺りのことはインターネットや対策本によく書かれているから、そちら『旺文社』に譲るとして、

 

 

あまり書かれていないけどとっても大事なのが、バランス。

 

 

よくハンバーガーに例えルンだけど、1番と3番は、パンの部分だから薄くてOkay。

 

でも2番のBodyは、具の部分。

 

ハンバーガーは、具だくさんだから美味しいでしょ。

 

 

だから、2番のBodyが一番厚くなるように書かないといけないの。

 

 

1番や3番のパンよりも、2番の具が少ないハンバーガーはありえない。

 

 

そして文字数は、目安が80語〜100語となってるけど、80語で満足してちゃ絶対にダメ!

 

 

これが、英検2級のエッセイ・ライティングで満点を取るトレーニング法よ。

 

 


最後までご覧いただきありがとうございます。

英語塾 ABCの『新・英検にも強い、英語トレーニング法』大公開中!

新・英検にも強い、英語トレーニング法

http://www.abci.co.jp/course.html

 

成長のキセキも併せてご覧ください。

2016年11月、英検2級に合格した小学4年生。

彼もまた、英検2級のエッセイ・ライティングで満点を取った生徒さんの1人。

動画は、音読トレーニングの一歩先、レシテーショントレーニング風景をご覧いただけます。


[広告]

最後に広告です。
英語塾 ABC(http://www.abci.co.jp)は、英会話教室や学習塾とは一線を画す、新しいカタチの英語専門塾です。英語の本(絵本)を読むことを通じて、「4技能」を鍛えます。英語のお勉強ではなく、使えるようになることを目標にしています。日常英会話ではなく、プレゼンテーション、ディスカッション、ディベートのトレーニングをしています。暗記ではなく、定着を目指します。英語を英語のまま理解する力を養います。英語塾 ABCは、常識を変えた英語のトレーニングジムです。