ABC Method

単語学習の勘ちがい

分からない単語はすぐに辞書で調べるベキだ。単語は日本語の意味とセットで暗記しなければいけない。スペルは覚えるまでたくさん書いて練習するモノだ。発音は発音記号を見て覚える。

いまだにそんな単語学習を信じていないだろうか?

辞書なし

想像する力を鍛える

英語の文を読んでいて、分からない単語に出会うとすぐに思考が停止して、これってどういう意味?と尋ねる子が多い。一言一句、意味を日本語に置き換えていかないと英文を理解することができないと思いこんでいる。でもね、例えば僕らの母語である日本語で分からない単語に出会った時、少々分からないことがあっても、いちいち立ち止まって辞書で調べたりしないよね。とりあえず読み飛ばして何となく文脈から言葉の意味を想像するよね。

なのになぜ英語はそうしないのか?

日本語と同じように、英語だって一言一句意味がわからなくてもいい。一言一句完璧な和訳をするために多くの時間を費やし、わざわざ英語ギライになる要素を増やさなくても良くないかい?

辞書を使わないことで得られるメリットは大きいぜ。一気に読み切る力、速く読む力、想像する力を鍛えることができるんだから。普段から辞書をできるだけ使わないでいると、「試験」の時やネイティブとの「会話」の時に知らない単語に出会っても読み(聞き)飛ばしたり、文脈から意味を想像することができる能力が育つ。いちいち立ち止まらないから読むスピードだって速くなる。

一方、分からない言葉をすぐに辞書を使って調べていた子は、「試験」の時やネイティブとの「会話」の時に知らない単語に出会うと思考が止まりその先に進めなかったり、文脈から意味を想像したりすることが難しい。読むスピードだって決して速くはならない。

英語塾 ABC でも英語本の音読トレーニングを通じて、できるだけ辞書を使わず想像し、一気に読み切る力、速く読む力を鍛えている。どうしても分からない単語を調べる場合は「英和辞書」を使うんじゃなくて「英英辞書」を使う。

本当にそれで意味が解かるようになるのかとよく質問を受けるが、大丈夫です。安心してください。数々のキセキを残している英語塾 ABC の子どもたちは、英検の長文問題においても高い正答率を誇っている。

一言一句、単語を知っていなくても長文問題は解けるんだよ。

単語の暗記

それよりも定着

多くのお子さまが単語は暗記して覚えるモノだと思っている。だが「暗記」ではなかなか「使う」というステップに進むことができない。そして暗記したものの「使う」チャンスがない単語は苦労して覚えたのにも関わらず、あっさりと忘れてしまう。これまで多くの大人が経験して知っているはず。なのに、まだ旧来の学習法で苦しんでいる子が多い。

英語塾 ABC の子どもたちは「単語の暗記」はやらない。次の2つの方法で単語の使い方を身につけ定着させている。1つは英語の本を読みながら出会った分からない単語のボキャブラリーカードを作り、用例を音読する。分からない単語とは、想像しても何してもどうしても分からないし、分からないと気持ちわるい単語のコト。

もう1つは、「出る順で最短合格! 英検2級単熟語EX」の音読だ。このテキストは用例が記載されていて、音声も無料でダウンロードできるのでオススメだ。音読するのはもちろん用例の英文。音声を聞きながら音声のモノマネをする。音声を完コピすることが目標で、日本語を暗記することを目標にしていない。

いずれの方法も単語だけでなく用例の英文を何回も何回も繰り返し音読する。用例を1文丸ごと音読することを繰り返して、どんな場面でこの単語を使うのかを身体で習得していく。何度も繰り返し音読するため、口がフレーズを覚えてしまう。自然に口からこのフレーズが出てくるようになれば、定着したことの証。

さらにこのトレーニングを続けることでリスニング力も上がる。英語の感覚も身につく。暗記する苦しみから解放されて、英語力をつけるためにいいことばかりなのに、なぜこのトレーニングを取り入れないのか不思議だ。

日本語の意味は本当に覚えないのかって?

はい、いたしません。だって「complicated は複雑なという意味です」と答えられたところで、全然すごくないだろ?もしすごいとしたら、それは日本国内だけでの話だ。もしくは通訳や翻訳を目指す人。ふつーは「complicated =複雑な」と覚えることよりも、complicated という単語が聞きとれて、complicated を使って話して、complicated を使って文章を書ける方がずっといい。だってそれが本来の英語(言語)の目的だから。言語の習得に必要なのは暗記ではなく、英単語の使い方を身体に定着させることだ。

出る順で最短合格!

画像をクリックすると、amazon のWEBサイトで直接これらのテキストをご購入いただける素晴らしいシステムになっとります。

スペル信仰

「聞く、読む」の後

まだ小さいお子さまや英語を習い始めのお子さまに、容赦なくスペルミスを指摘することは避けたい。英語を始めたばかりのお子さまに大事なのは、まずは読めるようになること、聞けるようになることだ。まだそれもできていないお子さまに、スペルを完璧に書くことを要求しないでほしい。

一気になんでもかんでも要求されると子どもはパニック。英語はまず「聞く」「読む」ができるようになることが優先だ。スペルを指摘するのはその後のステップ。

じゃあ、スペルを指摘するステップに入った時、どうやってスペルを身につけるのか?

「Phonix(フォニックス)」だ。

「音」と「文字」の関係を学ぶ「Phonix」を使えばある程度の英語を「読む」「書く」ことができるようになる。ひたすら書く。書く。書く。のもいいが、「Phonix」 をベースに音から文字を連想できるようになる方がラクだし効率的だ。もちろん、「Phonix」 じゃ太刀打ちできないスペルももちろんあるが、そういう文字も何もがむしゃらに書くだけがトレーニングじゃない。

お子さまによっては机の上で指を動かして覚える子、字面を見ながら覚える子、体を動かしながら覚える子、さまざまな子がいる。何もえんぴつを持って紙の上に文字を書くことだけがスペルのトレーニングではない。いろんなタイプがいることを認めてあげてほしい。

Phonix(フォニックス)については、こちらの動画をご覧ください mpi 松香フォニックス YouTubeチャンネル

発音は大事

発音記号は不要?

発音を軽視してる人がまだまだいるが、発音ができないと「聞く」ができないから発音はかなり重要だ。

ところで、発音をどうやって身につけてる?

多くの中学生・高校生は発音記号だと言う。だが発音記号よりもCDなどの音声でネイティブの実際の発音を聞きながらトレーニングする方が正しい発音を身につけることができる。最近では電子辞書やオンライン辞書を使えば、何と驚くことに発音までしてくれる。便利なアイテムは使ってこそ生きる。

そしてもう1つ、「Phonix」を身につけることも効果的だ。「Phonix」を知っていればある程度は正しい発音ができる。意味の分からない単語も「Phonix」を使えばとりあえず読むことができるんだ。学校でもすでに取り入れらている「Phonix」で英語の「文字」と「音」の関係性を知ることは、発音やスペルを身につけるための基本であり、英語の本を読むために必要なスキルでもある。

Phonix(フォニックス)については、こちらの動画をご覧ください mpi 松香フォニックス YouTubeチャンネル