ABC Method

英会話じゃないんです

英語塾 ABC は英会話スクールとよく間違えられる。だが敢えて言おう。英語塾 ABC は英会話スクールではなーーーーーーい。断じて違うのだ。じゃあ、何なのよって冷めた心でお思いだろうから、答えよう。英語塾 ABC は英語4技能つまり英語の「聞く」「読む」「書く」「話す」を統合的に身につける塾だ。

まだ説明が必要かい?分かった、説明を続けよう。

主張1

英会話じゃない

英会話スクールとは、英語での会話力をつけるためのトレーニングをするスクールだ。だから、英会話スクールの主なトレーニングは「聞く」「話す」だ。そして、外国人と話すために必要な度胸づくりでもある。レッスンはおおよそ30分〜60分程度で3〜5人ほどのグループレッスン。

一方、英語塾 ABC のレッスンは3時間。グループレッスンや集団授業ではなく、お子さま一人ひとりに個別のテキスト、個別の進度、個別のプログラムがある。講師は英語でレッスンを行い、お子さまは会話を通して英語のシャワー(聞く)を浴びる環境にある。

その上で英語の本をCDを聞きながら(聞く)、音読する(読む)。「聞く、読む」で大量のインプットを行い、アウトプットするための知識や情報を蓄えるのだ。「聞く」だけじゃなく、「読む」ことを並行して行うことが英会話スクールとは大きく異なる点だ。

さらに「話す」は、「日常会話」ではなくアカデミックなテーマについての議論だったり、発表だったり、ディベートだったりする。英会話スクールとは話す内容がまったく異なるため、日常英会話を習いたければそれは、ABCではない。

「書く」においては、一般的な英会話スクールではトレーニングしていない。

英会話スクールと英語塾 ABC の違いが分かってもらえただろうか?

主張2

学校とも違う

英語塾 ABC がもう1つこだわっているのが、学校や学習塾とは異なると言うこと。

近年、英語学習法に関する研究が進み、新しい学習法が確立されているにもかかわらず、日本の学校や学習塾では相変わらず旧来の古い学習法を続けている。だから、せめて英語塾 ABC は新しい世界標準の英語トレーニングを行う。文法とかスペルとか単語の暗記とか、そういうことじゃなくてまずは「聞く」と「読む」ができるようになることを目指すとか、英語をいちいち日本語に訳すんじゃなくて英語のまま理解するとか、そんなトレーニングだ。

学校や学習塾とはトレーニングのやり方や大事にしていることがまったく違う。これまで当たり前だと思ってたことが、英語塾 ABC では当たり前じゃない。親世代にはなかった考え方だから、なかなか理解されにくい。本当にそれで理解できるようになるんですか?とか、もともと頭のいい子だからできるんじゃないんですか?っていう疑惑の声も多数ある。一度は納得して子どもを入会させたものの、それでもなおまだ半信半疑の日々。これで本当にいいのかと。

でもこのトレーニング法でしっかり英語力を身につけたお子さまがおられるのは紛れもない真実だ。

反省

同時にお願い

ぼくたちはポリシーを持って「英語塾」を運営している。英会話ではなく「英語塾」を、だ。だから実は「英会話」と呼ばれると激しく悲しい。「英会話じゃないし」っていちいち思う。ポリシーを持ってやってるから。

でも同時に反省する。ぼくたちの内容説明不足ってことだもんね。レッスン内容が理解されてないってことだから、くじけずに説明を続ける。だけどさ、この記事を読んでくれた人だけでも、どうかぼくたちのことを「英会話」と呼ばないでもらえたら、うれしい。