誕生ヒストリー

中国、韓国に遅れをとった日本の英語教育。

東大は世界大学ランキングでアジア首位の地位を3年連続で逃してしまった。

政府が大学入試改革に踏み切ったものの、英語教師が圧倒的に不足している。

その危機的な教育現場の穴埋めに現れたのが

... 英語塾 ABC

常識をキライ、個性を重んじ、高みを目指す。

世界の優秀なエリートたちが日本の子どもたちに英語を英語で指導することが英語塾 ABCの最大の武器だ。

Part 1.

衝撃の「A Nation At Risk」

- 今から10年前のこと

新幹線の中、ひまつぶしのつもりで買った本を取り出し読み始めた男がいた。

その男の名は Michael Tetsuya Ichimoto.

Michaelは、たまたま開いたページの見出しに心奪われた。

「A Nation At Risk(危機に立つ国家)」

1983年アメリカ、レーガン大統領の時代、ベル教育省長官によって設置された諮問機関が提出したレポート。

「わが国は危機に直面している。かつてのアメリカの商業、 工業、 科学、 技術革新における優位さが、世界の多くの競争者に奪われようとしている。そして、その原因が公教育の水準低下にあり、その改革が国家的政策課題である。」と書かれてある。

国家危機をストレートに伝えているこのレポートは、Michaelに大変な衝撃を与えた。

Michaelは後に、「教育の重要さを改めて教えられた」と語っている。

Part 2.

英語ができると「トク」

西暦2008年、Michaelは楽天株式会社に入社する。

楽天が英語公用語化への道を突き進もうとしていた、まさにその時だ。

だがMichaelは知らなかった。

楽天が英語公用語化への道を進もうとしていたことを。

Michaelは何も知らないまま順調に昇進していく。

そしてMichaelが部長というポジションを得たその時、革命の合図が鳴り響く。

そう「Englishnization」の大号令だ。

楽天の管理職は TOEIC 800点を取得しなければならない。

Michaelは入社早々TOEICのスコアアップに励むこととなる。

与えられた猶予は2年。

Michaelは数々のTOEIC対策本を買いあさった。

対策講座も受講しまくった。

50万円だ。

50万円をTOEIC スコアアップのために費やしたのだ。

しかし菅理職に課せられた義務はこれだけではない。

会議が英語で行われる。

Michaelは社長が出席する会議の前夜に徹夜で英語の資料を作成しなければならなかった。

英語公用語化によってMichaelは驚くほどの時間とお金を費やしたのだ。

Michaelには2人の子どもがいる。

長男Xと、長女Y。

Michaelの2人の子どもは小学生の頃にオーストラリアへ留学した経験を持つ。

2年間だけの留学ではあったが彼らが得たものは想像以上に大きかった。

彼らは英語の勉強をほとんどしなくていいのだ。

英語の勉強をする代わりに他教科の勉強ができるのだ。

一方、自身は毎週社長出席会議の前に徹夜で英語の資料を作らなきゃならない。

Michaelは英語ができることの「有利さ」を痛感するのだ。

Part 3.

船出の時

今日も変わらずMichaelは徹夜で英語の資料を作っている。

そんなMichaelのもとに人事異動の通知が届く。

Michaelは大阪支社 支社長に就任することになった。

Michaelは大阪に赴任した後もTOEICスコアアップのため、英会話スクールや対策講座を熱心に探してまわった。

そしてある日、一人の男に出会う。

師・Zだ。

師は、50万円も注ぎ込みながら伸び悩んでいたMichaelのTOEICスコアをたった1週間で劇的に上げてみせたのだ。

「これだ、ってそう思ったよ。」とMichaelは過去を振り返って語る。

Michaelは心を揺さぶられ、突き動かされた。

「A Nation At Risk」との出会い、Michaelの2人の子どもたちの英語ができることのアドバンテージ、師・Zとの出会いによってMichaelは楽天を辞めることを決意する。

WHY?

そう英語塾 ABCを開校するためだ。

Michaelが目指したのは、「子どもに留学と同じような環境を日本で提供する場所」だ。

留学と同じような環境を提供するために教師の採用基準を帰国子女または留学経験があることとした。

またハイレベルな英語を指導するため英検1級/準1級を保有していることも採用基準とした。

運よく、英語塾 ABCスタート時には大阪大学外国語学部・英語科に在籍する5名が集まってくれた。

さらにニューヨーク大学大学院政治学研究科修士課程、大阪大学大学院国際公共政策研究科博士課程を修了、教授への道を目指している大学院生。

カリフォルニア大学バークレー校を卒業し、日本の医学部への進学を目指すアメリカ人。

彼ら2名が加わり、高い英語力と教養を持つ講師が揃ったのだ。

Part 4.

悪魔との契約

Michaelは「留学」に似た環境を作り出すために、これまでの常識を捨てた。

カタカナ発音、暗記するだけの語彙習得、英文和訳、日本語の難解な文法用語をやたら使いまくる、講師が80%も話すという講義型レッスン、年齢ごとに決められたみな同じのカリキュラム、受験や資格取得のためだけの英語。

これらの常識をすべて捨てたのだ。

そして英語教育に関する最新の文献を読み漁り、阪大外語の英語研究生である講師たちと意見交換しながら新しい英語トレーニング法を確立した。

しかしMichaelが講師とともに確立した新しい英語トレーニング法「ABCメソッド」は、新しすぎた...。

ABCメソッドは新しすぎて、まったく受け入れてもらえなかったのだ。

お母さまたちの要望のほとんどは学校英語の補習。

Michaelは悩んだ。

そしてついに、悪魔との契約を交わしてしまった。

ABCメソッドを封印し、学校英語の補習を行うふつーの英語塾に成り下がったのだ。

そう、いまどきの言葉で言うと、ブレたのだ。

ブレブレだ。

Michaelは1年もの間、不本意だが学校英語の補習や英検対策だけのための英語を教える塾の経営者となった。

だが、まったくうまくいかない。

なぜなら学校英語の補習は、世の中に多く存在する進学塾の方が信頼と実績にあふれている。

英検対策だけのための英語は、子どものモチベーションをマネージすることがとても難しかった。

このままでは子どもも、ABCも互いに不幸だと言うことに気付いたMichaelは守護神にすがった。

悪魔との契約を解除するためMichaelは善行を重ね、ついに悪魔との契約を解除することに成功した。

そしてMichaelはもう一度自分自身を信じ、ABCメソッドの普及を開始した。

これが、英語本の音読を通じて英語の4技能をトレーニングするという「ABCメソッド」の普及活動スタートの時だ。

Part 5.

うれしい実績

悪魔との契約解除により出直したMichaelだったが、一度悪に手を染めたMichaelは信頼を取り戻すのに時間を要した。

悪魔もMichaelをもう一度悪の道へと誘惑の手を緩めない。

Michaelの心はいつもグラグラと揺れ動いていた。

だがそんなMichaelのもとへ天使Annaが降り立った。

天使AnnaはMichaelがもう二度と同じ過ちを繰り返さないために神々より遣わされた天使だ。

天使Annaの支えもあり、Michaelは誘惑に耐えていた。

そして次第にABCメソッドは西宮市、芦屋市のお母さまに受け入れられるようになった。

2015年夏には、大阪から小学4年生の男の子が通ってくれることになった。

大阪府泉佐野市から、兵庫県西宮市にだ。

大阪府泉佐野市から通う小学4年生とは、Y.Hのこと だ。

Y.HはABC入会前に英会話スクールに通っていたが、英検の受験経験がなかったため、英語の4技能力は定かではなかった。

だがABC入会後間もなく、Charlie and the Chocolate Factory のシャドーイングを聞いて、Michaelは確信した。

Y.Hの英語力は、「ぐんぐん伸びる!」と。

それは、「(お母さま談)これまでシャドーイングはやっことがない」なんて到底思えないほどのシャドーイング力だった。

Y.Hの予想通り、Y.Hの音読の技術は瞬く間に向上し、同時に英検も入会後6ヶ月で準2級合格、その1年後に2級合格(小5)を果たした。

さらにY.Hは、小学生レシテーションコンテストにも入賞してみせたのだ。

授賞式でY.Hの名前が呼ばれたときは、思わず涙がこぼれた。

Y.Hの成長とお母さまからのお礼のお言葉は、Michaelの心を奮い立たせた

そしてC.Nさんの入会が、Michaelの信念を強固なものとしてくれた。

自称、世紀の大天才C.N

C.Nは、小学5年生の春に入会後、圧倒的多量の英語本を読んでくれた。

C.Nの英語経験は公文だけだ。

公文だけの英語経験しかないC.Nだが、圧倒的多量の英語本を音読することでめきめきと力をつけていった。

2016年第1回検定で英検5級・4級W合格、第2回検定で英検3級合格、第3回検定で英検準2級合格、そして2017年第1回検定で英検2級に合格した。

まるっと1年で英検5級からスタートして、英検2級に合格したのだ。

英文和訳しない、単語の意味を日本語で覚えない、日本語の文法用語を使わない、英文法を長々と解説しない。

英語本の音読を中心とした英語を英語のまま理解するトレーニング法「ABCメソッド」で、Y.HC.Nの小学生2名が実績を出してくれたのだ。

この偉業によりMichaelは、もう二度と悪魔と契ることはないだろう。

Part 6.

革命の夜明け

-いきなりだが

2020年、日本の英語教育は一変する。

文法や単語の暗記型から、「聞く」「話す」「書く」「読む」の力が問われる時代になる。

オレたち親世代が経験したことのない時代の到来だ。

これまでの常識が通用しなくなると言うことが分かっていながら、いまだに多くの学校や塾は旧来の方法で授業を行っている。

指導者が変わることを避けているからなのか?

英語4技能を教えることができる指導者が不足してるからなのか?

だが2020年は確実に迫っている!

一日でも早く、一人でも多くのお子さまに古い英語学習法から脱却してもらいたい。

英語をキライにならず、楽しくトレーニングを続けて行くためには、かなりの時間を要すると思ってほしい。

短期間で習得するなんて無理だ。

僕らは知っている。

短期間で英検合格を期待され英検ギライになってしまったお子さまを。

英文法に馴染めず英語ギライになってしまったお子さまを。

僕らはそんなお子さまをたくさん見てきた。

英語を習得するには、時間が必要なんだ。

いつから始めたらいいか?ってよく聞かれるが、ここで答えよう。

「今すぐにでも、始めてくれ!」

「今、手を打たなきゃ間に合わん!」

そう言い放ち、Michaelは闇の中へと消えていった。

小学生レシテーションコンテスト

Y.H さん