ISAKについて

ABOUT

 

ISAKとは?

軽井沢にある、日本で唯一の全寮制のインターナショナルスクール(高校)です。

ただのインターナショナルな高校ではありません。

多様な国から集まった子どもたちが、常識にとらわれることなく、問題を発見し、自ら行動し、周囲を巻き込みながら世界に変革を起こせるような若者を育成しています。

当然のことながらISAKの生徒はみな自律しており、大学進学についても自らリサーチし、書類の準備や資格の取得などプランを立てています。

気になる進学先は、日本人のお子さまの場合、海外の大学と日本の大学の併願をするお子さまが多いそうです。日本の大学はIB受験ができる大学を受験するそうです。

ISAKの理念

アジアそして世界のために、新たなフロンティアを創出し変革を起こせるチェンジメーカーを育てる

39カ国約150名の生徒が在籍

シンガポール、台湾、中国、イギリス、ガーナ、アフガニスタン、マレーシア、パキスタン、インド、世界中の国々から多様なバックグランド、文化、価値観を持った高校生たちが、キャンパス内の「ハウス」と呼ばれる寮で生活を共にし、常識や価値観の異なる環境で育った仲間との共同生活を通じて、リーダーシップや問題解決能力を養っています。

国際バカロレア

2015年春、国際バカロレア(IB)認定校として認められています。

UWC加盟

2016年10月31日、日本初のユナイテッド・ワールド・カレッジ(UWC)の加盟校となっています。

英語保育園や英会話教室、公文などで少しでも英語経験のあるお子さまの場合、さらに時間の短縮が見込めます。

ISAK

 

ISAKとは?

軽井沢にある、日本で唯一の全寮制のインターナショナルスクール(高校)です。

ただのインターナショナルな高校ではありません。

多様な国から集まった子どもたちが、常識にとらわれることなく、問題を発見し、自ら行動し、周囲を巻き込みながら世界に変革を起こせるような若者を育成しています。

当然のことながらISAKの生徒はみな自律しており、大学進学についても自らリサーチし、書類の準備や資格の取得などプランを立てています。

気になる進学先は、日本人のお子さまの場合、海外の大学と日本の大学の併願をするお子さまが多く、日本の大学はIB受験ができる大学を希望されるするようです。

授業料免除
成績加点
大阪府立高校入試で
大学受験にも

英検1級

英検協会の推奨目安

大学上級程度

 ABC 事例

中1からトレーニングを始めたお子さまが中3の6月に合格しました。現在、中2のお子さまがチャレンジに向けてトレーニング中。

英検準1級

英検協会の推奨目安

大学中級程度

 ABC 事例

中1からトレーニングを始めたお子さまが中2の6月に合格しました。現在、小4のお子さまがチャレンジに向けてトレーニング中。

英検2級

 英検協会の推奨目安

高校卒業程度

 ABC 事例

小3のサマースクールから始めたお子さまが小4の10月に、中1のウィンタースクールから始めたお子さまが中2の6月に2級に合格しました。

英検準2級

 英検協会の推奨目安

高校中級程度

 ABC 事例

小3のサマースクールから始めたお子さまが1年目で、中1からトレーニングを始めたお子さまが中2の10月に85%以上の得点率で合格しました。

英検3級

英検協会の推奨目安

中学卒業程度

 ABC 平均事例

小学低学年でトレーニングを始めたお子さまが2年目で、中1でトレーニングを始めたお子さまが中2の6月に8割の得点率で合格するのが、最も平均的です。

英検4級

 英検協会の推奨目安

中学中級程度

 ABC 平均事例

小学低学年でトレーニングを始めたお子さまが1年目で、新中1のスプリングスクールから始めたお子さまが6月に4・5級のW合格するのが、最も平均的です。

英検5級

英検協会の推奨目安

中学初級程度

 ABC 平均事例

小学低学年でトレーニングを始めたお子さまが半年で、新中1のスプリングスクールから始めたお子さまが6月に4・5級のW合格するのが、最も平均的です。

ARU・ARU

 

成功の秘訣

無理のないプラン

英検合格の成功の秘訣は、お子さまにとって無理のないプランを作ることです。当たり前のこと。でも、"目で見える形"でプランを作成すると言うことは、本当に大事なんですよ。

そしてプランを作る時に注意して欲しいのは、お子さまの本当の声を聞いてあげると言うこと。お子さまの想いが入っていないプランは、絵に描いた餅。思わぬところで、ほころびが出てしまいます。結局は、遠回りになってしまうことも。

実はABCも、開校当初はお母さまの声ばかりを伺い、お子さまの声に耳を傾けることが充分にできていませんでした。その結果、お子さまにとって本意ではない、無理のあるプランを作成してしまいました。このようなプランは、最初はうまくいっているようでも、何かをきっかけに、ドミノ倒しのように簡単に崩れていってしまうのです。

この、過去の学ぶべき経験があるからこそ、私たちは自信があります。

お子さまを想うすべてのお母さま、英検にチャレンジする前に、必ずお子さまと無理のないプランを作ってください。

 
焦らない

プランを作ったら、あとは目標に向かって計画を進め、行動するだけです。ここで、成功の道を歩むために重要なことがあります。それは、"焦らない"ということ。

そんなの、ムリ〜。

ですよね。

特に、物事がうまくいかない時、不安になって焦ってしまうのは当然のこと。でも、そんな時こそ大人が焦ってはいけない。誰より、不安なのはお子さま自身だから。多少、予定より遅れてもいいじゃないって言える余裕こそが、この先のお子さまの心の持ち方を大きく左右します。甘やかす訳ではありません。無理に計画に合わせようとすると、お子さまの心に英検に対するマイナスイメージを育ててしまい、ひいては英語嫌いにさせてしまう大きなリスクが潜んでいるのです。

これも過去の経験から、自信を持って言えます。

大人の焦りは禁物。大人が焦って良い結果になったことは、ただの一度もありません。

お母さまが焦る → ABCも焦る → お子さまにプレッシャーを与えてしまう → お子さまが英検なんてイヤだ!とストライキする。

悪循環にしかならないんです。

 

80%以上の得点率を目指す

驚かれる方が多いのですが、実は英検3級に合格したからと言って、英検3級の英語力があるわけではありません。大事なのは、何割の得点率で合格できたかということ。英検は、約60%〜75%の得点率で合格することができます。そのため、ギリギリで合格されたお子さまは、英検3級の英語力が充分に定着したとは言い難いのです。この状態のまま次のチャレンジをすると、お子さまに大きなストレスがかかってしまうはずです。ABCでは、単に合格することを目的にするのではなく、受験級に相応しい英語力を身につけた証として、英検にチャレンジして頂いています。目標は、80%以上の得点率での合格です。