ABCの英語トレーニング法

(2017.12.8 更新)

楽しめる教材

「ディズニー」「ハリーポッター」がテキストだから、楽しくないわけないだろ?これがムリなく英語4技能を鍛えられる秘訣だ。何を読むか決めるのはキミ自身だ!

これから英語を始めるお子さまに
"HOP ON POP"

これから英語を始める小学生、中学生に必ず音読してもらう英語塾 ABCのバイブルとも言える本だ。リスニング力やリーディング力のベースを作るだけでなく、英語を英語のまま理解する英語脳を作る第一歩となる。

英検4級目標のお子さまに
"Frog and Toad"

英語を始めて3~9ヶ月で音読できるようになる。小学校の国語の教科書に出てきてストーリーを知ってる子が多い。ゆえに英語だけの説明でも理解することが可能。スラスラ音読できれば英検4級に合格できる。

英検2級目標のお子さまに
"Charlie and the Chocolate Factory"

英検2級に頻出するボキャブラリーがぎっしりだ。CD音声のスピードも速い。読破した時、キミはシャドーイングの達人になっているだろう。そして、すでに英検2級のリーディング、リスニング力をモノにしている。

英検準1級目標のお子さまに
"Harry Potter"

CD音声のスピードがとにかく速い。このスピードでシャドーイングできてさらに、辞書なしでだいたいの内容が理解できていれば、英検準1級のリーディング力とリスニング力はモノにしのも同然。完全にクリアだ。

abcblog-James1

ABCでは、何の本を読むか決めるのはお子さま本人に決めていただく。

お母さまや講師の押しつけで決めたりしない。

もちろん、どのレベルの本を読むとストレスなく読めるかなどスタッフがアドバイスはするが、基本的にはお子さまが読みたいと言った本を読んでいただく。(CD音声がある本でお子さまの英語レベルと同等もしくはそれ以上であることが前提。)

なぜならトレーニングする本人が興味や関心を持ったものでなければ楽しくないからだ。

楽しくなければ、継続は不可能なり。

和訳じゃなく音読

これまでわれわれ日本人は、英語を黙読しながら、知らない単語を英和辞典で調べて、和訳することに命をかけてきた。だがこれからの新時代を生きる子どもたちは、そんなことをしてはいけない。和訳より音読に命をかけてほしい。

正しい発音と流暢さ

講師がカタカナ発音を矯正し、何度も繰り返しトレーニングするので、正しい発音が身につきます。正しい発音とは、ネイティブが使うナチュラルな発音のことで、一つひとつの発音を身につけるだけでなく、つなげる音、変化させる音、発音しない音、特有のリズム、アクセントや音の強弱など、流暢さも備えます。

リスニング力アップ

カタカナ発音を覚えてしまうと、ネイティブ発音が全く聞こえません。ネイティブがhimをイム、what a ワラのように、平気で発音しなかったり、音を変化させたりするからです。ネイティブスピードで正しい発音を繰り返し聞き続けることで、このルールが自然と身につき、知ることで確実にリスニング力がアップします。

英語脳を作る

繰り返し何度も何度も音読トレーニングするため、文法や構文、単語の使い方など、英語表現が自然と身につきます。音読しながら状況や場面もイメージできるようになります。英語を英語のまま理解する「英語脳」を作るトレーニングでもあります。ゴールは、オーディオブックを聞きながら、内容理解できるようになること。

METHOD  2

 

読解・発話トレーニング

ボキャブラリーカードとQ&Aで、

英語を「話す」ための

基礎トレーニングを行います。

ボキャブラリー・トレーニング

英語本を繰り返し音読した後で、まったく意味不明な語彙は、ボキャブラリーカードを作ります。「英英辞書」を使って意味を調べ、自分オリジナルの文章を作成。さらに、ボキャブラリーカードを繰り返し音読することで、語彙(ボキャブラリー)を定着させます。

Q&Aトレーニング

ボキャブラリーの意味が分かったところで、本の内容をどのくらい理解できているか、講師がQ&A方式で確認します。もちろん英語での質問・応答ですので、「読解力」だけでなく、「聞く力」、「話す力」も身につくトレーニングです。

METHOD  3

 

ライティング・プレゼン

まとめる力とプレゼン力を

同時に鍛えます。

サマリーライティング

大筋で内容が理解できていたら、サマリー(要約)を書きます。最初は1行も書けないお子さまも、毎レッスンでサマリーを書き続けるので、確実にライティング力が身につきます。

プレゼンテーション

書いたサマリー(要約)は、必ずプレゼンテーションします。ただ書いたものを読むだけでなく、アイコンタクト、正しい発音、声の抑揚など、プレゼンテーションで必要な要素が身につきます。

METHOD  4

 

(自宅)自主トレメニュー

ご自宅での自主トレーニングも

サポートします。

日記 or エッセイ

毎週1回、エッセイ(日記は毎日)をオンラインシステムで送信すると、ネイティブの講師がチェックし、ナチュラルな英語表現に書き換えてくれます。添削後は、講師のアドバイスを参考に、もう一度書き直すため、しっかりとライティング力が定着します。また、エッセイをたくさん書くことで、恥ずかしがったり、不安に思ったりすることなく、何でも自由に自分の考えを表現できるようになります。

音読トレーニング

レッスンだけでなくご自宅でも音読トレーニングを行っているお子さまは、英語力アップのスピードがとっても速いです。入会後4ヶ月で5万語以上読んだお子さまがいらっしゃいます。2016年6月に初めて英検にチャレンジし、5・4級をW合格。同年10月、3級の一次試験もたった3問のミスで合格。音読トレーニングは英語学習の基本で、トレーニングした分だけ確実に英語力はアップします。

発話・プレゼントレーニング

作成したボキャブラリーカードやサマリーは、自宅で何度も繰り返し音読トレーニングを行います。次回レッスン日には、意味と用法が定着しているかをボキャブラリークイズで確認します。サマリーは、プレゼンテーション・ショーを行い、音読トレーニングがきちんとできているか、発音やアイコンタクトなどできているかなどをチェックします。英語を定着させるため、チェックも繰り返し行います。