英検

4級合格への道

(2019.03.20 更新)



英検1級で早稲田、準1級で関大に合格!持ってるとかなり有利。英検準1級・1級は夢じゃない。さあ、4級から始めよう。

意外と知らない

時間配分

英検合格のためには時間管理も重要なスキルとなる。時間を計りながら1〜2回過去問題を解くと時間感覚が身につくのでオススメだ。

筆記(リーディング)の解答時間は35分。問題数は全35問。

大問

大問1

1問あたり

30-40秒/問

解答時間

8分

問題数

15問

[出題内容]短文の語句空所補充

大問2
40-50秒/問

4分

5問

[出題内容]会話文の文空所補充

大問3
40-50秒/問

4分

5問

[出題内容]短文の語句整序

大問4

15分

10問

[出題内容]長文の内容一致

残り4分

①大問2の見直し

4級チャレンジャーによくありがちなのが大問2での惜しいミス。見直しすることでミスは減る。

②リスニングの選択肢を読む


リスニングの所要時間は30分前後。全30問。

流れてくるアナウンスを聞きながらの解答となるので時間管理は必要ない。(放送回数は2回)

何点で合格?

合格基準点

これまでの英検は合格スコアが回ごとに異なっていたが2016年度より各級に固定の合格基準点が設定され、4級の合格基準点は毎回622点(CSEスコア)となっている。

4級合格基準点
622点
3級合格基準点
1103点

英検合格のためには「得点戦略」もあなどれない。だが英検協会が合格基準点をCSEスコアで示しているため分かりにくい。そこで大問ごとに目標正答数を設定し見えるカタチにした。参考になるとうれしい。

4技能を鍛える

4級対策

英語塾 ABCでは単語暗記しない。文法を教えない。それでも小学生がちゃんと英検に合格できている。合格の秘訣は音読トレーニングとエッセイライティングにある。


たった半年のトレーニングで英語経験ゼロの小学1年生が英検5級(中学初級レベル)に合格!

そろそろ始めないか?

音読トレーニングとエッセイライティングで英検、大学受験、世界に通用する英語が身につく画期的メソッド。