英検について

News

 

英検最新情報

英検試験日や試験内容の変更をはじめとした、英検に関するニュースをお届けします。

Woo Hoo

 

知ってるとお得!

2017年度から大阪府立高校入試は、英語の学力検査において、英検などの外部試験のスコアに応じた点数が保障されると言う、英検保有者には嬉しい話。さらにその嬉しいニュースは高校に留まることなく、大学受験にも導入されようとしています。もはや英検を「受験するか、しないか」ではなく、「いつ受けさせるか」の問題になっているのです。

授業料免除
成績加点
大阪府立高校入試で
大学受験にも

ABOUT

 

英検とは?

英検は、国内最大規模の英語検定試験です。受験者数は年々増えており、2015年度は約320万人が受験。うち11%が小学生、76%が中・高生です。読む、聞く、書く、話すの4技能が求められ、高校や大学の入学試験や、英語の授業の単位として認められる学校も増えています。英検は5級から順番に、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級とグレードが上がっていきます。試験は年に3回実施され、日本の子どもたちが英語を身につけていく上で、段階的な目標にしやすいこともあり、英語塾 ABCの子どもたちも、ほとんどが英検に挑戦しています。

 

[table id=1 / responsive="all" /]

各級の目安

英語保育園や英会話教室、公文などで少しでも英語経験のあるお子さまの場合、さらに時間の短縮が見込めます。

英検1級

英検協会の推奨目安

大学上級程度

 ABC 事例

中1からトレーニングを始めたお子さまが中3の6月に合格しました。現在、中2のお子さまがチャレンジに向けてトレーニング中。

英検準1級

英検協会の推奨目安

大学中級程度

 ABC 事例

中1からトレーニングを始めたお子さまが中2の6月に合格しました。現在、小4のお子さまがチャレンジに向けてトレーニング中。

英検2級

 英検協会の推奨目安

高校卒業程度

 ABC 事例

小3のサマースクールから始めたお子さまが小4の10月に、中1のウィンタースクールから始めたお子さまが中2の6月に2級に合格しました。

英検準2級

 英検協会の推奨目安

高校中級程度

 ABC 事例

小3のサマースクールから始めたお子さまが1年目で、中1からトレーニングを始めたお子さまが中2の10月に85%以上の得点率で合格しました。

英検3級

英検協会の推奨目安

中学卒業程度

 ABC 平均事例

小学低学年でトレーニングを始めたお子さまが2年目で、新中1のスプリングスクールから始めたお子さまが中2の7月に8割の得点率で合格するのが、最も平均的です。

英検4級

 英検協会の推奨目安

中学中級程度

 ABC 平均事例

小学低学年でトレーニングを始めたお子さまが1年目で、新中1のスプリングスクールから始めたお子さまが6月に4・5級のW合格するのが、最も平均的です。

英検5級

英検協会の推奨目安

中学初級程度

 ABC 平均事例

小学低学年でトレーニングを始めたお子さまが半年で、新中1のスプリングスクールから始めたお子さまが6月に4・5級のW合格するのが、最も平均的です。

ARU・ARU

 

成功の秘訣

失敗の裏にある、成功の秘訣。

英語塾 ABCは、成功ばかりではありません。失敗と成功を積み重ねて、今があります。

この失敗を皆さまに申し上げるのは恥ずかしいことですが、でもその裏には成功の秘訣がたくさん隠れています。

だからいま、失敗を恥ずかしがらずお伝えします。

日本に住む、すべての子どもたちが英語を「好き」のままでいてもらいたいから。

 

 
無理のないプラン

英検合格の成功の秘訣は、お子さまにとって無理のないプランを作って”見える化”することです。当たり前のこと。でも、"目で見える形"でプランを作成すると言うことは、本当に大事なんですよ。

そしてプランを作る時に注意して欲しいのは、お子さまの本当の声を聞いてあげると言うこと。お子さまの想いが入っていないプランは、絵に描いた餅。思わぬところで、ほころびが出てしまいます。結局は、遠回りになってしまうことも。

実はABCも、開校当初はお母さまの声ばかりを伺い、お子さまの声に耳を傾けることが充分にできていませんでした。その結果、お子さまにとって本意ではない、無理のあるプランを作成してしまいました。このようなプランは、最初はうまくいっているようでも、何かをきっかけに、ドミノ倒しのように簡単に崩れていってしまうのです。

この、過去の学ぶべき経験があるからこそ、私たちは自信があります。

お子さまを想うすべてのお母さま、英検にチャレンジする前に、必ずお子さまの同意の基、無理のないプランを作ってください。

 
焦らない

プランを作ったら、あとは目標に向かって計画を進め、行動するだけです。ここで、成功の道を歩むために重要なことがあります。それは、"焦らない"ということ。

そんなの、ムリ〜。ですよね。

特に、物事がうまくいかない時、不安になって焦ってしまうのは当然のこと。でも、そんな時こそ大人が焦ってはいけない。

誰より、不安なのはお子さま自身だから。多少、予定より遅れてもいいじゃないって言える余裕こそが、この先のお子さまの心の持ち方を大きく左右します。

甘やかす訳ではありません。無理に計画に合わせようとすると、お子さまの心に英検に対するマイナスイメージを育ててしまい、ひいては英語嫌いにさせてしまう大きなリスクが潜んでいるのです。

これも過去の経験から、自信を持って言えます。大人の焦りは禁物。大人が焦って良い結果になったことは、ただの一度もありません。

お母さまが焦る → ABCも焦る → お子さまにプレッシャーを与えてしまう → お子さまが英検なんてイヤだ!とストライキする。

本当に、ストライキするんです。ストライキした結果、長い休戦期間を設けることになり、遠回りになってしまいました。

焦りが、悪循環に陥る入口となってしまうんです。

 

合格を目的にしない

驚かれる方が多いのですが、実は英検3級に合格したからと言って、英検3級の英語力があるわけではありません。大事なのは、何割の得点率で合格できたかということ。

英検は、もともと約60%〜75%の得点率で合格することができます。そのため、ギリギリで合格されたお子さまは、英検3級の英語力が充分に定着したとは言い難いのです。この状態のまま次のチャレンジをすると、お子さまに大きなストレスがかかってしまうはずです。

ABCでは、単に合格することを目的にするのではなく、受験級に相応しい英語力を身につけた証として、英検にチャレンジして頂いています。目標は、80%以上の得点率での合格です。