トレーニング理念

CONCEPT

 

目指すのは

世界標準の英語力よ

英語塾 ABCでは、大学受験用の英語じゃなく、世界標準の英語力を目指しています。それは、日常英会話ができるだけじゃなく、将来、海外の大学にも進学できる程のアカデミック英語を身につけることです。

日本の学校に通いながらアカデミック英語を身につけるには、お子さまが中学生になる前に少しでも早く英語を始めることをオススメします。中学生になると、定期テストの勉強、宿題、部活動の練習で、英語に時間を費やすことが中々難しいようです。

また過去の経験から、英検対策やTOEFL受験対策だけのレッスンは行っていません。英検やTOEFLなどの英語テストは、英語塾 ABCでトレーニングした結果、英語力を測定するためのものとして利用しています。

 

1

 

英語は英語のまま

子どもが生まれながらに持つ
「英語の感性」を大事にしたい

英語塾 ABCは、日本語訳しません。

英語をわざわざ日本語訳するよりも、英語のまま理解できる脳を育てたい。

ボキャブラリーは、日本語で意味を覚えたりしません。

単語の意味を日本語で言えるより、使えるようになってもらいたい。

ワケのわからない日本語の文法用語を使いません。

文法用語を覚えるより、感覚を身につけてもらいたい。

2

 

筋トレ型レッスン

英語はスポーツと同じ

知識を伝えるだけの講義型レッスンはしません。

お子さまの「英語の筋肉」を鍛えるため、

お子さまが自身の筋肉を動かす、トレーニングです。

3

 

暗記ではなく定着

英語は言語。
暗記型教科ではない。

単語や文法の暗記はしません。

インプットとアウトプットの繰り返しで、定着を目指します。

インプット

英語の本とそのCD音声を、何度も何度も繰り返し聞いて音読することで、アウトプットに必要な英語表現を定着させます。繰り返し音読することで正しい発音、独特のリズム、流暢さも自然と身につきます。「暗記」しようとするのではなく、脳が勝手に記憶してしまうことを目指します。

アウトプット

読んだ本の要約やエッセイをたくさん書くことで、英語を「書く」ことに慣れ、書いたエッセイをプレゼンテーションすることで、「話す」練習をします。アウトプットするためには、その「引き出し」となる充分な量のインプットが必要となるため、アウトプットとインプットのバランスが大事。