トレーニング理念

CONCEPT

 

目指すのは

世界標準の英語力

2020年、私たち大人が経験したことのない時代が到来します。それは、英語ができて当たり前の時代。

英語塾 ABCは子どもたちに、日本国内でしか通用しない受験のための英語ではなく、言葉としての英語を身につけ、世界中の人々と英語でコミュニケートする楽しさを、たくさん経験してもらいたいと考えています。

だから、私たちは従来の英語教育の「常識」から脱却します。

 

CONCEPT 1

 

英語は英語のまま

子どもが生まれながらに持つ
「英語の感性」を大事にしたい

英語塾 ABCは、英語を日本語訳しません。

いちいち日本語訳するよりも、英語のまま理解できる脳を育てたいから。

ボキャブラリーも日本語は書きません。

単語の意味を日本語で言えるより、使えるようになってもらいたいから。

ワケのわからない(日本語の)文法用語を使いません。

文法用語を覚えるより、感覚を身につけてもらいたいから。

CONCEPT 2

 

筋トレ型レッスン

英語はスポーツと同じ

知識を伝えるだけの講義型レッスンは、致しません。

お子さまの「英語の筋肉」を鍛えるため、

お子さまが自身の筋肉を動かす、トレーニングです。

お子さまと講師、スタッフがチームとなり、ともにゴールを目指します。

生徒さん

耳、目、口、手、脳をフルに動かし、「英語の筋肉」を鍛えます。

ABCの講師

お子さまの能力を引き出し、強化するトレーナーです。

英語塾 ABC

英語の筋肉を鍛えるための、「トレーニングジム」です。

CONCEPT 3

 

暗記ではなく定着

英語は言語。
暗記型教科ではない。

単語や文法を修行のように暗記したり、致しません。

インプットとアウトプットを繰り返し行い、定着させます。

インプット

繰り返し音読

いろいろな英語の本やボキャブラリーカードを何度も音読します。繰り返し音読することで正しい発音、独特のリズム、流暢さが身につき、さらにネイティブのナチュラルな英語表現が定着します。

アウトプット

言い換えて「使う」

ボキャブラリーカードを作って終わりではなく、用例を作文します。辞書に載っている用例ではなく、自分の身の回りのことや興味のあることに置き換えることで、定着率がアップします。