成長のキセキ

K.N. 成長のキセキ

(2019.04.15更新)

\ 高校留学 /

英検2級で

カナダの高校へ

英語経験:英語幼稚園卒

2015年12月 入会(中1)

2016年6−11月 英検2級合格(中2)

2018年3月 中学卒業

2018年6月 カナダに渡る


英検2級に合格しカナダの高校へ留学。短期留学ではなく卒業を目的とした本格的な留学だ。英検協会によると英検2級は「高校卒業程度」の英語レベルとされている。


どんな子?

英語力・性格

K.N.入会当時の英語レベルは英検で言うと準2級レベル。英語幼稚園に通園していたことや、親友がカナダに住んでいることもあって英語を聞くことはよくできていたんだ。でもリーディングとライティングが苦手だったよ。

最初は大人しい子でシャイな子かしら?と思ったけども雰囲気に慣れてくると年下の子や困っている子のサポートをしてくれたり、講師と大盛り上がりして楽しそうにトレーニングしたり、褒められた時なんかは「オレ、褒められると伸びるタイプ」とか言っちゃって大喜びするような子。今でもあの無邪気な笑い声を覚えているよ。ちょっぴりお調子者なところもあって講師からも好かれていたんだ。宿題は…あんまりやってこないタイプだったけどね。そうそう、自分がやりたいと思ったことには真っ直ぐ向き合うけど、やりたくないことには向き合わないタイプね。正直な子で、いじわるとかしなさそうで、ガツガツした感じもなくて、ゆで卵を自分で剥いたことがないって言ってたなあ。好奇心がとってもあって、英語塾 ABCの多国籍な講師たちにも色々質問してたわ。ふふ。色々と思い出し過ぎちゃったわね。卵の話はナイショね。

そんなK.N.がなぜカナダの高校に留学したかって?これからじっくりお話ししよう。


英検1級で早稲田、準1級で関大に合格!持ってるとかなり有利。英検準1級・1級は夢じゃない。

カナダ留学

そのワケ

カナダである少年と出会ったことがK.N を高校留学に駆り立てた。K.N. のお母さんにはカナダに住む友人がいた。そして偶然にもご友人にはK.N.と同い年の少年がいた。K.N.が家族と一緒にカナダを旅行した時、自分と同い年のその少年と出会った。初めて出会った2人はまるでずっと前からの知り合いかのように意気投合し、抱擁した。帰国する時には涙が止まらなかったと言う。K.N.は英語をペラペラと喋るその少年をかっこいいと思い、いつか必ず英語で口喧嘩してこの少年に勝ちたい!そう思うようになった。帰国してすぐに留学フェアに足を運び、またその足で英語塾 ABCに入会。K.N.は高校留学を決意したのだ。

実は最初からカナダ留学を考えていたワケじゃないんだ。K.N.は、できれば軽井沢にある人気のインターナショナルスクール(ISAK)に入学したかった。だって海外に行くことに少し不安があって、ISAKの教育理念にとても心動かされたから。でもご存知の通りスゴイ倍率でさ、チャレンジしたものの残念ながら入学は叶わなかったんだ。それで思い切ってカナダに行くことを決めたんだよ。


留学のために

やったこと

K.N.は中学に入学して間もなくカナダでの衝撃的な出会いをする。帰国後はお母さんと一緒に海外留学フェアに足を運び、その足で英語塾 ABCに入会するわけだから、とにかく実行力があった。

そんなフットワークが軽く、実行力のあるK.N.が留学するまでの3年間、どうやって過ごしていたかと言うと、サッカー部員として活動をしていたり、学校のテストも学年で上位をキープできるように頑張っていたよ。英検も英語塾 ABCに入会後6ヶ月で2級に合格してみんなを驚かせた。だって宿題を全然やってこないのに合格しちゃったんだから…目標の英検2級にスピード合格したK.N.は、カナダに行く2週間前まで英語塾 ABCで英語力を磨いていた。

英語塾 ABCの講師が海外からの留学生と言うこともあって、これから正に留学しようとしているK.N.にとって彼らとの触れ合いは魅力的だったのだろう。カナダ、アメリカ、イギリス、オーストラリアに留まらない多様な国籍を持つ英語塾 ABCの講師たちが集うと、まるで海外にいるかのようなんだ。

普通に日本の中学生として3年間を過ごしながら英語力を磨き、2018年6月K.N.は念願のカナダ留学を果たした。学校は9月始業だがその前に語学学校でのトレーニングを受けると言っていた。


そろそろ始めないか?

音読トレーニングとエッセイライティングで英検、大学受験、世界に通用する英語が身につく画期的メソッド。